雑記

職業はライター

ライティングを生業にしていると言っていいと思う。

しかし、稼いでいるか否かで言うと、まったく稼いでいない。

現状、とても食べていけるレベルではない。

 

当然、不安は付きものである。いや、不安しかないと言った方が正しい。

稼いでいるのは、せいぜい1文字◯円といった案件をこなす程度。

頑張っても10万円いかない。

いや、頑張りが足りないだけかもしれない。

ネットには月に20万円稼いだとか、そんな声は普通にある。

 

これを続けた先には明るい未来が見えてくるのか?

ライティングを本格的に始めて、1ヶ月半くらいになるだろうか?

いまだにわたしは半信半疑で、この先本当に大丈夫なのかどうか不安に思っている。

 

もちろん、こうなることは完全に予想できていた。

それを分かった上で会社を辞めたし、それに対してとやかく言うつもりはない。

しかしいざやってみると、本当に厳しい現実が待ち受けている。

会社員は守られていていいな~、そんな恨み言1つでも言ってみたくなる。

 

もちろん、どんな挑戦も簡単なものなどない。

簡単であれば、とっくに誰かが達成している。

誰も挑戦したことがないからこそ、そこに価値があるのだ。

 

幸いにもわたしには、一緒に走ってくれる仲間がいる。

彼らより先に離脱することだけは、なんとしても避けたいと思う。

現状、わたしが少しだけ胸を張って言えることは、

毎日欠かさずブログを書いていることくらいである。

 

単なる身辺雑記に過ぎないし、誰も見ている形跡はないので、

意味があるかどうかと言われれば、あまりないかもしれない。

でも、ライティングを生業にしている以上は、

なにか1つすがるものが欲しい。

 

これがいつか力を発揮するのかどうか、わたしには分からない。

ブログはお守りみたいなものあり、いざというときの種まきなのだ。

 

本当に実るかどうかは分からないけれど、とにかくいまのうちに、

撒いておくしかないと思う。1年続けていると、見えてくるものがあるかもしれない。

あるいは、そのころにはライティングをやっていないかもしれない・・・。

 

不安に思ったときは、とにかくブログを毎日続けているということに

すがって自分を慰めている。

見られていなくてもいい、続けているのだということで

せめてもの自分に言い聞かせている。

 

SEO対策をきちんとしていけば、やがて検索で自分の記事が上位に表示されて、

読まれるようになるのかもしれない。もちろん、それを考えることも非常に大事である。

でも、まずはこのブログを継続することなのだ。

質よりもまずは量をこなす。

100記事を達成させれば、そういうことを考えてもいい段階なのかもしれない。

いまは、とにかく修行である。