向き合い方

【質より量】ライターは書いてナンボ 継続の先にあるものは?

迷ったらとにかく書く、と決めている。

ライターなんて、書いてナンボである。

くだらないことでも、身にならないことでも、何だっていい。

とにかく書きまくるしかない、そう思っている。

 

最初から質を求めてはいけないと思っている。

上達したいのであれば、まずは量をこなす。

映画監督になりたいのであれば、誰よりもたくさん映画を観る、

小説家になりたいのであれば、誰よりもたくさん小説を読む・・・。

 

人によってさまざまな見方があるけれど、

わたしはそれしかできないし、それでいいと思っている。

この文章が果たして誰かの役に立つのかと言えば全然分からない。

役に立ちたいという気持ちは人一倍あるし、覚悟を持って書いているつもりである。

しかし実際は、ほとんど読まれることはない。

ライターなんて得てしてそういうものである。

 

まだ初めて間もない時期である。

ブログを書いて上げてみたところで、検索に引っかかることもなければ、

SNSからの流入が期待されることもない。

いつまでも手応えを感じられないまま、書いても意味がないのではないか?

と、挫折しそうになる。しかし、続けて行った先には必ず何かが待っている、

そう思ってブログを書いている。この文章は、自分への戒めでもある。

立ち止まってメソメソしている暇があるのなら、とにかく手を動かす。

数をこなしてから、あとになって振り返ってみればいい。

 

結局のところ、ライターなんて書いてナンボなのだ。

これまでどれくらい形にならないものを書いてきただろうか?

いまはブログというものを使って、曲がりなりにも世の中に発信できている。

これだけでもすごく幸せなことだと思うのだ。

 

わたしはまだ圧倒的に量が足りないと思っている。

ピカソは生涯14万7千点の絵画を描いた。

稀代の天才であるピカソでさえ、これほどの数をこなしているのだ。

凡人のわたしたちが、少しの努力で結果が出ないとホザいてはダメだと思う。

まだまだ全然足りないのだ。

 

ブログの世界を覗いてみると、100記事がスタート地点とか、

1年でほとんどが辞めてしまうとか、いろんなことが書かれている。

気軽に始められるのがブログのいいところだけど、

なかなか手応えを掴めずに、辞めていく人も多いのだと思う。

 

そう簡単に成功するわけがないのだ。

わたしのロールモデルは中谷彰宏さんである。

中谷彰宏さんは、ものすごいスピードで何百冊もの本を出している。

その圧倒的な量を知ると、自ずと謙虚になっていく。

もっとやらなければ絶対に先なんて見えてこないと思う。

早く100記事に到達したいし、300記事でも500記事でも1000記事だっていい。

そこにどんな風景が広がっているのか、見てみたい気がする。

 

まだまだ未熟者だけど、これからもどんどん書いていきたい。

迷ったときはとにかく書く、というのを胸に抱いておきたい。

「ライターは書いてナンボ」なのだ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です