競馬

【悲しき2番手】ウインバリアシオンにとことん寄り添ってみた!

ウインバリアシオンの競走馬人生は、幸せだったのだろうか?

オルフェーヴルさえいなければ、ウインバリアシオンは

どれほどのG1を獲得できていただろうか?

ウインバリアシオンが走っている先には、常にオルフェーヴルがいる。

金色の立髪をなびかせて、とてつもない脚力で突き放していく。

必死に後を追うけれど、その差が縮まることはない。

ウインバリアシオンは、生まれた時代を恨むしかないのだろうか?

 

だが決してそんなことはないと思う。

サラブレットは毎年およそ7000頭もの馬が生まれてくる。

その中で勝ち上がれる馬は、ごく一部に過ぎない。

未勝利のまま姿を消す馬は、山のようにいるのだ。

その後の人生ついて、表立って語られることはほとんどない。

サラブレットたちの競争は、熾烈極まるものなのだ。

クラシックに出走できるというのは、それだけでとんでもないことなのだ。

 

ましてオルフェーヴルのような怪物が生まれてくるのは、

ほとんど奇跡に近い。

オルフェーヴルを目の当たりにしたというのは、

それだけで歴史に立ち会えたようなものである。

ウインバリアシオンの本当の気持ちは分からないけれど、

一緒に走ったことを、誇りに思っていいのではないだろうか?

オルフェーヴルに追いすがるウインバリアシオンを見ていると、

目標とする者が前を走っているからこそ、力を発揮できていたのではないか?

オルフェーヴルがいたことで、自らを高めることができた、

わたしにはそんな風に映ったりするのだ。

 

競馬ファンからしてみれば、一頭だけ圧倒的に強い、

というのは、どこか面白みがない。

ディープインパクトが日本競馬史上の最強馬、というのは、

多くの人が認めるところだが、一方でディープインパクトの世代が

あまり強くなかった、ということも言えると思う。

ディープインパクトに対して語られる馬は、誰がいるだろうか?

おそらくハーツクライ、になるだろう。

ただ、ライバルと言っていいものかは怪しいものがある。

 

名馬の裏には、語るべき馬がいる。

オルフェーヴルが今後、中央競馬の歴史において、

長く語り継がれることになるけれど、

その横には必ずウインバリアシオンがいた。

決して主役にはなれないけれど、オルフェーヴルの好敵手として

常に陰に潜んでいる・・・、

そんな脇役のポジションも良いのではないだろうか?

 

ウインバリアシオンは決して弱い馬でない。

G1を掴むことはできなかったけど、多くの重賞レースで好成績を収めた。

歴史をひも解けば、ナイスネイチャ、ロイスアンドロイス、ステイゴールド、

メイショウドトウ、といった、勝てそうで勝てない馬というのがいるのだ。

ウインバリアシオンも、ここに含めて良いのかもしれない。

 

ウインバリアシオンが、前を行くオルフェーヴルに

追いすがる姿を見ていると思わず応援したくなる。

勝たなければ意味はないけれど、勝つことだけがすべてではない。

人は馬にいろんな思いを託して観戦しているのだ。

ウインバリアシオンは、多くの人に勇気と希望を与えていると思う。

オルフェーヴルも、それは感じているはずである。

人は、競馬にこうしたロマンを求めていたりするのだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です