ブログ

ライティングやリライトをして感じること ~未来志向のライティング~

Webライティングをやっている。

クラウドソーシングでたくさん掲載されている案件に応募し、

仕事を受けて、1文字◯円といったものをこなしていく。

 

わたしは最初、書いたものがどのように使われるのか、

よく分かっていなかった。クラウドソーシングで募集している

大量の謎案件によって、なぜ報酬が発生するのか?

 

元をたどれば、すべてウェブ上のメディアである。

ライティングによってできた原稿は、すべてここに公開されていく。

いわゆるブログやオウンドメディアと呼ばれるものである。

 

編集者がライターを雇い、良質な記事を大量に投稿していくことにより、

メディアとしての力は上がっていき、多くの集客を獲得していく。

そこに広告を貼ることで利益が発生する。

メディアをうまく運営していくために、ライターを雇っているのだ。

 

わたしはWebライティングをやっていてずっと疑問に感じていた。

記事を作成したものが本当に誰かの役に立っているのか?

ネット上にある情報を引っ張ってきて、少し言い換えたものだけが、

延々とアップされていく。ただの焼き直しに過ぎないのではないか?

わたしはライティングが誰かの役に立っている意義が見出だせず、

モチベーションを保つことが容易ではなかった。

 

ただ、これはライターの戯言でしかない。

編集者の立場から言えば、自分のメディアが成長してくれればいい。

与えた案件をきちんとこなす人が、ライターとして優秀な人である。

与えられた案件をきちんとこなすのがライターの仕事だから、

ライティングに意義を見出だせないのであれば、辞めたほうがいい。

モチベーションに関しては、編集者の関与するところではない。

 

Webライティングは、始めたばかりのときは楽しいかもしれない。

ただ、新たな視野が広がったり、興味のある分野でない限り、

Webライティングをずっと続けていくのは容易ではない。

それならば、いっそのことすべて自前でブログを運営したほうが良い。

ブログは自分の好きなことを書くことができる。

案件をこなすといったことがないので、ストレスを感じることもない。

アクセスが集まらなくても、すべて自身でやっているから納得がいく。

 

Webライティングは手っ取り早くお金が稼げるけれど、

記事を収めるだけで終わっていたら、あまり成長がないように思う。

案件をこなすことですっかり満足していたら、

Webライティングは、本当に大事なことが育たない気がする。

せっかくフリーランスとして独立を果たしたのだから、

やりたいことを存分にやりたいと思うのだ。

 

リライトについてもいろいろと思うことはある。

Webライティングもリライトもそうだが、

どちらも既存のものを磨き上げていく、という行為である。

Webライティングやリライトで、検索順位の上昇を目指すというのは、

過去の起きた出来事を、丹念に拾っていく行為である。

詳しい情報を記事に盛り込み、より質の高いものを目指していく。

ユーザーにとって有益なことなので、これはとても大事なことだ。

ただ、そこには未来がないように思う。

 

ネットは決して万能ではない。

情報の海で溢れかえっているように思えるけれど、本当に大事なことや、

一部の人しか知りえない情報は、ネットに載っていない。

 

作家の創作活動や、ジャーナリストの戦場体験記などは、

未知のものに対する作業である。ある意味で未来志向と言える。

一方でWebライティングやリライトは、すでにある情報を整理して、

分かりやすく整えていく作業だと思うのだ。過去を整理しているとも言える。

 

どちらが偉いという話ではない。

あくまで2つの役割があるという話である。

 

わたしがライティングによって辟易していたのは、

過去を整理するというところで、グルグル回っていたからだと思う。

どちらにも役割があって、それぞれやり方がまったく違う。

この辺りをしっかりと整理していれば、自分のやるべきことが

見えてくるように思う。

 

これからもライティング作業は続けていくので、

迷子にならないように、しっかりと自分を整えて挑んでいきたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です