カルチャー

ネットフリックスを見た件

ネットフリックス

 

昨夜、ネットフリックスを見た。これがすこぶる面白い。

 

M-1グランプリを見たり、アニメ「スラムダンク」を見たり、

ドラマ「GTO」や、恋愛バラエティ「あいのり」、アニメ「進撃の巨人」など

さまざまなものを見た。

 

同じ部屋の相方と「懐かしい」なんて言いながら、

寝る前の1時間近く、横になってボーッとしながら見ていた。

 

動画の有料会員なんて本当に流行るのか?日本人はテレビが好きだし、

パソコンを開けば、「ユーチューブ」とか「ニコニコ動画」が

無料でいくらでも見られる。わざわざお金を払ってまで見ないのではないか?

わたし自身、会員登録をする前まではそう思っていた。

しかしいざ実際に見てみると、これがとても面白いのだ。

 

以前にも、アマゾンプライムとかhuluとかに登録していたことがある。

アマゾンプライムでは、「バチェラージャパン」や「ドキュメンタル」などを見ていた。

huluでは、中京テレビの「オドぜひ」のバックナンバーをずっと見ていた。

観たい番組をまとめて見るときに、これらの有料動画サイトはとても面白い。

 

映画館で映画を見るとき1回1800円を払う。ネットフリックスは月々800円、

アマゾンプライムは400円なので、コストパフォーマンスはものすごく高い。

 

テレビ系のものでも、フジテレビがやっているフジテレビオンデマンド、

テレビ東京のビジネスオンデマンド、Paraviとか、ティーバーとか、

さまざまなものがある。

 

もはや動画はテレビでリアルタイムに見るものではないのかもしれない。

ドラマも週に1回見るのではなくまとめてみる。

熱中しているときのほうが頭に入るし、CMなどにストレスを感じずに済む。

 

今後、テレビの優位性はますますなくなっていくに違いない。

だが、テレビがこのままなくなってしまうのかというと、絶対になくならないと思う。

 

ラジオがいまでも生き残っていて、一部のコアなファンで支えられているように、

テレビも今後、縮小はするだろうけど、すべてがなくなってしまうことはない。

 

いろんな世界がネットに取って変わられているけど、

その世界できちんとしたモノづくりをして、きちんとした仕事をしていれば、

必ず生き残れるものだと思う。

 

自分の仕事が世の中にきちんとした価値が提供できているのか、

しっかりと見つめ直して、

フリーランスとして活動していくことができればと思う。