映画

映画館で映画を観ること

映画館で映画を観るのが楽しい・・・。

2時間ガッツリ映画と向き合う、あの雰囲気が好きである。

非常にアナログだな、と思う。

いなフリに来て、ネット界隈の人たちが周りにいる環境では、

多分、そういうことをしているのはあまりいない、そんな気がする。

 

最近は大型のシネコンばかりが台頭して、昔ながらの味のある映画館が

どんどん減ってきている。映画好きとしてはとても寂しい。

先日も、スバル座が閉鎖する、というニュースが流れていた。

 

ネットの攻勢に押されて、リアルの店舗がどんどんなくなってきている。

これからもその流れは続くのだろう。

 

なにか策はないものだろうか?

自分はもともと小売にいたこともあり、リアルの店舗で消費するのが、

一番いいと考えている。もちろんネットで買い物もする。

でも、これが世の中の流れだから、仕方がないのかもしれない・・・。

 

京都にできた出町座は、ものすごくいい映画館である。

映画のラインナップは結構攻めているし、昔ながらの商店街の中にあって、

集客に一役買っている。

 

滋賀に住んでいても、わざわざ出町座まで出かけて映画を見に行ったりする。

出町座はようやく1周年といったところである。

順調な滑り出しなのか分からないけど・・・、自分はこの映画館を応援している。

 

映画を観たいという目的はもちろんあるが、この映画館を訪れたい、という

映画館がいくつかある。

 

北海道のシアターキノや、三重の進富座、静岡シネ・ギャラリーなど、

味のある映画館は日本全国にいくつかある。

 

映画を見に行くのが目的だけど、訪れたい映画館に行くというのも、

楽しみの1つとしてあると思う。

 

TOHOシネマズや、松竹のMOVIX、ユナイテッド・シネマなどももちろんいいけど、

自分は個人的に、単館系のこじんまりとした映画館が好きなので、なんとか

応援をしていきたい。

 

そういえば、名古屋のキノシタホールも閉館が決まった、というニュースがあった。

映画って、本当に儲からないイメージがある。

 

企業が文化の向上を目的として映画館を運営する、そんな話ってあまり聞かない。

でも映画って、もっと盛り上げることはできないだろうか?

 

映画というフォーマット自体が古臭いのかもしれない。

でも『君の名は』や『シン・ゴジラ』のような例もあって、

きちんと面白いものを作れば、大ヒットにつながるのだから、

もっと夢を持って作って欲しいな~、と思う。

 

自分はせっせと映画館に足を運んで、映画を観るだけである。