映画雑記

映画館で映画を観たい ~映画ファンのつぶやき~

映画館で映画を観るのは昔からの習慣である。

最近は、有料動画配信サービスやユーチューブなど、いろんなサービスがあって、

わざわざ映画館に足を運ぶという人は、非常に少ないと思う。

 

日本は他国に比べて、映画という文化があまり浸透していない。

もちろん映画を知らない人はいないし、誰だって1度は見たことがあると思う。

しかし、習慣として足を運ぶかと言うと、数としては非常に少ない。

アンケートを取ると、年に数回くらいというのがもっとも多い。

映画好きとしてはとても残念である。

ミュージシャンのライブとかは、年々値段が上がっている

にも関わらず大盛況である。

一方、映画館は東宝が一般料金を1900円に値上げをすると

発表しただけで、高すぎる、とあちこちから不満の声が上がったりする。

わたしはライブに行くよりは、映画館のほうが気軽に行けるので、

個人的には映画館の方が好きである。

でも実際、映画という分野はそれほど盛り上がっていない。

残念だけど、これが実態である。

 

有料動画配信サービスやユーチューブなどと一体何が違うのか?

違いがあるのか無いのかで言えば、そんなにないと思う。

ただ映画館で観るというのは、大スクリーンで迫力ある映像が見られるのと、

暗闇の中で見る没入感にあると思う。

映画館で観ると、スマホを見ることができないし、

SNSなどにも触れることはできない。

2時間めっきり拘束されるというのは、なかなか無いことである。

そうやって制限されているのを、楽しんでいるという側面はある。

つまらない映画に当たったときは地獄だけど、それもまた映画なのだ。

 

最近は大型のシネコンが台頭して、昔ながらの味のある映画館が

どんどん減ってきている。映画ファンとしては、生息地が次々と

狭められているような気がして、非常に寂しい気持ちである。

先日も、スバル座が閉鎖する、というニュースが流れていた。

時代の流れと言えばそれまでだけど、わたしは映画館が好きだし、

なんなら映画館を経営してみたい、というひそかな思いがあったりもする。

儲けという観点で言えば、おそらく全然儲からないだろう。

映画館で儲けようなんてことは、考えないほうがいいと思う。

1人でも多くの人に映画に触れて欲しい、そんな思いである。

もしお金に余裕ができたら、ぜひ挑戦してみたいことの1つである。

 

映画館の話をすると、京都にできた出町座はものすごくいい映画館である。

映画のラインナップは大変素晴らしく、昔ながらの商店街の中にあって

集客に一役買っている。

わたしは滋賀に住んでいるけれど、わざわざ出町座に足を運んで

映画を観に行ったりする。

出町座で観た、濱口竜介監督の映画『ハッピーアワー』は、

強烈な思い出となっている。出町座ができて1周年くらいとなる。

わたしはこの映画館を応援している。

 

また、ずっと気になっている映画館が日本全国にある。

北海道のシアターキノや、三重の進富座、静岡シネ・ギャラリーなど、

味のある映画館は日本全国にいくつかある。

映画を見に行くのが目的だけど、映画館自体にも興味があって、

いつか訪れたいとずっと思っている。

大型シネコンももちろんいいけれど、日本にはこぢんまりとした

味のある映画館がたくさんあるのだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です