競馬

【名勝負】天皇賞(秋)ウォッカ vs ダイワスカーレットの回想

2008年の天皇賞(秋)は、日本の中央競馬の歴史においても、

史上まれにみる大接戦だった。かれこれ10年以上前のことになるが、

いまだに競馬ファンのあいだで語り継がれる名勝負となっている。

わたしはこれまでに、ユーチューブで100回以上は観たと思う。

何度見ても飽きることがない。

一世一代の名勝負として、後世にまで語り継がれるレースである。

 

強い牝馬はこれまでにもたくさんいた。

わたしがパッと思い浮かぶものは、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、

メジロドーベル、エアグルーヴ、ヒシアマゾン、などがいる。

最近(19年6月時点)では、アーモンドアイが牝馬3冠を達成して、

今季の動向が非常に注目されている。

歴代の牝馬たちは、牡馬に屈することなく対等に渡り合ってきた。

どの馬もピカイチの強さを誇っている。

ウォッカとダイワスカーレットは、歴戦の強者たちの中においても、

かなり強い部類に入ると思う。

この2頭が同時期に生まれて、同じレースで争っているというのは、

ほとんど奇跡に近いのではないだろうか?

 

中央競馬における歴史的な名勝負は、どんなものがあるだろうか?

わたしが思い浮かぶのは、

96年の阪神大賞典のナリタブライアンvsマヤノトップガンや、

99年の有馬記念のグラスワンダーvsスペシャルウィークなどがある。

ナリタブライアンは、ただ強いだけではなく、

勝負根性の強さを見せてもらったように思う。

グラスワンダーとスペシャルウィークは、見た目ではもはや判別がつかない。

歴代の名馬たちは、こうした名勝負によって、さらに輝きを放っている。

 

ウォッカとダイワスカーレットである。

ウォッカは前年のダービーの覇者、ダイワスカーレットは桜花賞、秋華賞、

エリザベス女王杯の覇者である。

さらに天皇賞(秋)の出走馬を見てみると、ディープスカイは

その年のダービーの覇者。菊花賞には参戦せずに中距離レースに的を絞って、

古馬戦線に乗り込んできた。

ドリームジャーニーは朝日杯の覇者である。

ステイゴールド産駒が活躍をする、先駆け的な存在である。

例年、天皇賞(秋)豪華メンバーが揃うけれど、

この年も豪華な顔ぶれとなり、激戦になること必至であった。

 

このレースを語るときには、フジテレビの

青嶋アナウンサーの神実況も欠かすことはできない。

ユーチューブでいろんな競馬を見たけれど、

実況によって盛り上がりは大きく変わってくる。

的を外した実況に当たったときは、いくら競馬の内容が素晴らしくても、

全然盛り上がることができない。名実況があってこそ、

レースはより盛り上がっていくものだと思う。

 

レースはドリームジャーニーが少し出遅れて、後方からのスタートとなる。

先頭に立つのは、ダイワスカーレット。望み通りの先行策によって幕を開ける。

中段から後方にかけて、ウォッカとディーススカイ、

最後方付近にはドリームジャーニーやカンパニーがいる。

ダイワスカーレットが自身のペースを保ったまま、

レースが流れていく。1000メートルの通過は59秒。

平均かやや速いくらいのペースである。

 

少し縦長の展開となり、最終コーナーへと突き進んでいく。

最後の直線、ダイワスカーレットは、なおも先頭を渡さない。

これまで数多くのレースで、先行策からそのまま押し切ってきた。

だが、天皇賞の舞台で、それを簡単に許すはずがない。

ライバルたちがここぞとばかりに、強襲していく。

中団から出てきたのはディープスカイ、そしてその外からウォッカ。

新旧ダービー馬が、姿を現わす。

ウォッカとディープスカイが、足を伸ばしてグングン加速する。

ダイワスカーレットを捕らえ、ついに先頭に立つ。

このまま2頭で勝負がついてしまうのか?

誰もが一度はそう思ったに違いない。

わたしたちは、ここで目を疑うような光景を目の当たりにする。

残り100メートル、最内を走っていたダイワスカーレットが再び差し返すのだ。

信じられない光景だった。

スタートからずっと先頭を引っ張ってきて、逃げ続けてきた馬が、

一度は捕らえられたと思いきや、再び二の脚を使って差し返す。

最強の名を欲しいままにした牝馬が、天皇賞の晴れ舞台で、

ライバルのウォッカを打ち負かすために、脅威の脚を繰り出していく。

ウォッカとディープスカイとの差をみるみる縮めていく。

ほぼ横一線で重なり合ったところがゴールだった。

会場は騒然となる。果たしてどちらが勝ったのか?

ターフビジョンには、ゴール前のスローモーションの映像が映し出される。

だが何度も見ても、勝敗は判別しない。

レースが終わっても、審議のランプが灯ったまま写真判定となる。

写真判定は13分に及び、電光掲示板に映し出される。

勝ったのは、ウォッカだった。

タイムは1分57秒2、レコードタイムだった。

ライバルたちの壮絶な闘いの中で、とてつもないタイムを記録する。

同時代に生まれた、名牝による劇的な戦いは、

史上まれに見る大接戦だった。

これほどまでに、興奮を覚えるレースは観たことがない。

ウォッカvsダイワスカーレットは、後世にまで残したい、

屈指の名勝負なのだ。

 

ウォッカは馬券を買う側にとってみれば、非常に厄介な馬だった。

強い馬であることは、誰の目にも疑いようがない。

牝馬として64年ぶりにダービーを掴む、というのは、

今後もなかなか出てくることはない、とてつもない偉業である。

ただし、ウォッカは大勝するかと思えば、あっさり負けたりもする。

ウォッカが良い走りをするのかどうかは、レースにならないと分からない。

 

一方のダイワスカーレットは、抜群の安定感を誇り、

必ず上位に食い込んでくる。

生涯を通じて、勝ち負け(1着か2着)を外したことがない。

先行策でつねに上位にポジションを取り、

そのまま良い状態のまま勝ってしまう。

安定のダイワスカーレットに対して、爆発力のウォッカ。

そんな対比をしてみるのも、面白さの1つである。

 

何度見ても微妙なレースだった。

スロー再生で何度も見たけれど、見方によってはダイワスカーレットが

勝っているようにも見える。ゴール前の首の上げ下げで、

たまたまウォッカの首を伸ばすタイミングがゴールだった、

というくらいの僅差である。

 

天皇賞(秋)で、勝敗を分けたものはなんなのか?

これはもはや運としか言いようがない。

もう少し直線が長ければ、ダイワスカーレットが差し返していたように思う。

ただ天皇賞(秋)は、直線の長い東京のコースである。

東京と相性のいいウォッカが、運を味方につけた、としか言いようがない。

 

完全にウォッカに差されたと思いきや、残り100メートルで

再び差し返すという、ダイワスカーレットのあり得ない勝負根性。

本当に強い馬というのは、こうした部分に表れるように思う。

ダイワスカーレットの根性は、驚嘆すべきものである。

 

ウォッカとダイワスカーレットの勝負ばかり目が行くけれど、

地味に、カンパニーがとてつもない強襲を見せているのもツボの1つである。

最後の直線に入るまでほぼ最後方にいるのに、気がつけばディープスカイに次ぐ

4着に滑り込んでいるのだから、すごい。

 

競馬の名勝負は数多くあるけれど、08年の天皇賞(秋)ほど熱い戦いは、

ほかにないように思う。中央競馬の歴史に刻まれる一世一代の名勝負である。

 

ウォッカは19年4月1日に亡くなった。

生涯成績は26戦10勝。GⅠ勝利は通算で7勝。

牝馬として64年ぶりに日本ダービーを制した偉業は、

今後、他に並ぶ者が出てくるのだろうか?

決して錆びることのない、不滅のものである。

08年と09年の年度代表馬であり、ダイワスカーレットとの戦いは、

中央競馬を大いに盛り上げた。

 

頂点を目指し死力を尽くして戦った最高の名馬、

ウォッカを弔うべく、記事を執筆した。

ウォッカには、感動をありがとうと伝えたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です