雑記

ウアモウが我が家に居座っている件 ~おばけちゃんも一緒~

ウアモウがわたしの部屋にやって来て、かれこれ7年近くになる。

あるテレビ番組で特集されていたのを見て、購入した。

どこで買ったのか、いくらくらいしたのか、

随分と昔の話になるので、ほとんど覚えていない。

おばけちゃんという、小さなおばけを一緒に連れてやってきた。

以来、ウアモウはずっとわたしの部屋にいる。

 

ウアモウのHPはこちら

 

スタジオウアモウは2011年に設立した。

ソフビフィギュアやグッズ、アート作品などのコレクションを展示、

販売などを行っている。

 

代表の高木綾子さんは、ジュエリー職人の両親に影響を受けて、

幼少期からものづくりに親しんできた。高校卒業後に渡英して、

ロンドンカレッジオブコミュニケーションなどで学ぶ。

やがてウアモウの製作販売を始めて、絵本やフィギュア、アニメなどを

通じて、独特の世界観を表現している。

 

ウアモウは宇宙人の男の子で、角のように見える部分がアンテナに

なっていて、テレパシーで会話するという設定になっている。

基本形のウアモウには口がない。

おばけちゃんはウアモウのパートナーであり、女の子という設定である。

ウアモウはBEAMSや円谷プロ、箱根の彫刻の森美術館、などの企業と

コラボレーションを行うなど、精力的な活動を続けている。

 

14年のインタビュー記事はこちら

 

ウアモウは種類が豊富で、オンラインショップには

色とりどりのウアモウであふれている。

遊びごころがあって、見ているだけで非常に面白い。

ウアモウは海外にも進出し、さまざまな場所で活躍をしている。

 

最近の活躍ぶりは、はっきりと存じ上げていないけれど、

若手のクリエイターが頑張っている姿は、フリーランスとして

働く身にとって、非常に励みになる。

随分と昔に買ったきり、ずっとそのまま家に置いたきりに

なっていたけれど、ふとウアモウのことが目に留まり、

記事として書いてみた。

ネットで見る限り、いまも精力的に活躍をしているようで、

非常に嬉しく思う。

日本にはさまざまなキャラクターがいて、非常に激しい競争だとは思うけれど、

個人的にはゆるキャラよりも、ウアモウのことを応援している。

 

いろいろと考えていくうちに、さまざまな疑問が浮かび上がってくる。

ウアモウはテレパシーを使って何かできるのだろうか?

おばけちゃんは、なにか隠れた特技を持っていないのだろうか?

疲れたときに、ウアモウのことをじっと見ながら、

ボーッとそんなことを考えてみたりもする。