流行

【流行】タピオカブームによって、新語が続々と生まれている件

世間はいま、空前のタピオカブームとなっています。

若い女性たちの必須アイテムとして、街を大きく賑わせています。

ニュースなどで何度も特集が組まれて情報が拡散されることによって、さらにその人気に拍車がかかっています。

タピオカのどんなところに魅了されているのでしょうか?

タピオカブームの実態に迫っていきたいと思います。

 

タピオカブームによって生まれた言葉

いつの時代も女子高生たちは、独自の感性で新たな言葉を生み出していきます。

いまタピオカブームによって、新語が続々と生まれているのです。

女子高生たちの間で流行っている言葉として、以下のようなものがあります。

すべてタピオカにまつわるものです。

 

「タピリたい」

「タピった」

「タピタピしたい」

「タピ活」

 

またこれらの言葉の根幹として「タピる」というものがあります。

「タピる」は、JK・JC流行語大賞2018コトバ部門において、1位を獲得しました。

タピオカを買いに行く誘い文句として、タピる?という風に使います。

いまや女子高生たちは「タピオカを飲む」なんて言いません。

すべて動詞に置き換えて、「タピる」とか「タピりたい」といった使い方をしているのです。

タピオカは何からできている?

そもそもタピオカは何からできているのでしょうか?

タピオカはキャッサバという芋のでんぷんから作られています。

タピオカの人気の秘訣は、もちもちとした食感にあります。

お米のような柔らかい歯ごたえと、適度にお腹を満たせることなどが支持されている主な要因なのです。

以前は食べるものとして人気を集めていましたが、いまでは飲むものとして扱われています。

タピオカブームにまつわる不吉な話題について

世間がタピオカブームに湧く一方で、不吉な話題があがったりもします。

先日、タピオカがヤクザの資金源になっているというのが、ネットニュースになりました。

女子高生たちがワイワイと楽しんでいる裏で、暴力団にお金が流れているとの報道が流れたのです。

タピオカブームの裏で、暴力団が暗躍しているのは、とても怖いことです。

警察の取り締まりなど、しっかりとした対策が待たれます。

 

また、タピオカブームは株価暴落の予兆だ、とする不吉な予言もあります。

これまでに2回、タピオカブームと株価の大幅下落が重なったことがあり、今回も専門家の間では、景気後退局面に突入している、といった見方もあり、

タピオカブームが株価下落のシグナルだといったことが、まことしやかにささやかれています。

これは迷信に近いものがあるので、本当のところは分かりません。

そんなニュースは気にせずに、タピオカを楽しく味わいたいものです。

 

女子高生が楽しそうな様子で「タピタピしたい」と言っている姿は、

決して悪いものではありません。

気難しいことは横において、タピオカを楽しみましょう。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です