雑記

スペースコブラにおける、ヘル・クルセイダース状態とは?

ふと耳にしたことが、いつまでも忘れられないというのは、

人生において1つや2つはあると思う。

わたしにとっては、この言葉はまさにそれである。

 

スペースコブラにおける、ヘル・クルセイダース状態

 

意味はよく分からない。

徹底的に調べて少しでも理解してみよう、という気持ちもほとんどない。

ただ、音の響きとか、その場で言ったときの雰囲気が、ものすごく面白くて、

なぜかそれがずっと頭に残っている。

ラジオ番組で経済評論家の上念司さんがしゃべった言葉が、

いつまでも頭から離れないのだ。

 

せっかくブログで書こうと思い立ったので、

今日は「コブラ」についてウィキペディアで調べてみることにした。

 

「コブラ」のページを見てみると、これがものすごい分量である。

とにかく設定がすごい。ものすごく細かいことまで詳しく書かれてみて、

作り込み方がすさまじい、と感じさせる。

 

さて、ヘル・クルセイダースとは、地獄十字軍のことらしい。

コブラが入隊して、うんぬん・・・、という情報が載っているけれど、

正直、全然頭に入ってこないので、良かったら下のサイトから見て下さい。

>>コチラから

ファンにしてみたら、この作り込みはたまらないと思う。

見れば見るほど味が出てきて、いろんな見方ができる。

ウィキペディア情報からでも、それはなんとなく見てとれる。

今度時間があれば、ぜひ一度「コブラ」を見てみようと思う。

(時間はないけれど・・・)

 

なぜこんな言葉が頭に残っていたのだろうか?

わたしの頭の編集能力が悪く、つまらないことばかり覚えてしまうのだろうか?

是非一度この言葉をどこかで使ってみたい気がする。

しかし、実際に言葉で発したときに、一体どんな反応が帰ってくるのだろうか?

実際に言えば、間違いなく聞き返されるだろう。

「それって何?」

そんなことを言われても、わたしにも分からない。

言葉の響きがなんとなく面白いから、使ってみたい、という、ただそれだけなのだ。

誰か「コブラ」に詳しい人がいたら、是非とも教えてほしいと思う。

 

全然話が変わるけれど、何年か前に、NHKで「ケータイ大喜利」という番組が

あって、これが好きでよく見ていた。

 

お笑いには、ときとして瞬発力が必要である。

これは誰にでも備わっているものではない。

人によって向き不向きも当然ある。

お笑い芸人が、みんな大喜利が得意かと言われれば、絶対にそんなことはない。

お笑いにもいろいろと種類があるのだ。

 

わたしも、実際に何度か投稿したことがある。

しかし、よほどの倍率なのか、実際に読まれることなんてほとんどない。

単純な言葉遊びだけど、これは本当に楽しい。

大喜利で面白いことを言える人って、わたしは本気で尊敬している。

 

わたしも上念さんのように、瞬発力を持って、パッと何か面白いことは

言えないだろうか?