雑記

進撃のSEO対策

せっかくブログを書いているのだから、少しでも多くの人に読んでほしい。

だがいまのところ、人に読まれている形跡はほとんどない。

自分のプロフィールのところに、URLを貼りつけていたりするから、

まったく読まれていない、ということはないけれど、

でも、数としてはたかだか知れている。

 

どうやったら読んでもらえる数が増えるのか?

やはり検索によって、上位に表示されるのが一番なのだと思う。

どんなワードが良いのかは分からないけれど、

少しでも上位に食い込める記事を執筆することができれば、

少しは読んでもらえる可能性は高まるのかもしれない・・・。

 

しかしいまのところ、検索によって上位に表示される

といったことはまったくない。

そんなことは起こるはずもない・・・、そうやってすっかりあきらめていた。

ブログはライティングに行き詰まったときの息抜きであり、

ライターとしてこんなことをやっています、ということを見せるために書いている、

そのくらいにしか捉えていなかった。

ブログで稼ぐなんて、まったく夢の話である。

 

しかし先日、グーグルアナリティクスを見ていたら、

検索から自分のブログを見たという履歴を発見した。

 

検索ワードはものすごく意外なもので、

まさかそんなことでヒットするなんて思ってもみなかった。

わたしはSEO対策とやらにまったく興味がなかったけれど、

いざ、それが初めて形になったときに、がぜんやる気が出てくる。

 

だったら、変なタイトルをつけて、グーグルさまに

注目が集まるようにしてみればいいのではないか?

グーグルに媚を売るわけではないけれど、

検索から読んで欲しいと思うのであれば、そういうことも必要になる。

 

もちろん、いまのスタイルを変えるつもりはない。

例えば、今日わたしがまさに気になったこととして、

大津でwi-fiを使えるカフェ一覧、があるのかどうか調べたけれど、

きちんと網羅しているものがなかった。

草津ならかなり詳しいものがあったけれど、大津はない。

ならば自分で調べて書けば、上位にいけるのではないか?

 

ネットは万能なようでいて、実はまだまだ情報が足りていないのだと思う。

目を凝らしてしっかりと眺めていれば、意外なところが盲点だったりするのだ。

有益な情報のアップデートが、ネットにはもっと必要なのだと思う。

 

わたしはいまのスタイルを変えるつもりはないので、

多分、大津でwi-fiが使えるカフェ一覧、は書かないと思う。

検索にばかり気をとられて、肝心の内容が伴っていなければ意味は

ないのだけれど、でもほんの少し頭の片隅にあるだけで、全然違ってくると思う。

 

これからのブログは、ヘンなタイトルが増えてくるかもしれない。

内容はただの雑記なので、ご容赦ください。