ラジオ

ラジオ(ラジコ)が面白い時代 ~ラジオコンテンツの未来は明るい~

時間があればラジオを聴いている。

現在、ラジコのプレミアム会員に入っている。

 

いまはネットの時代だとか、テレビはもう終わりだとか、

新しいものが出るたびに、古いものは消えてなくなる、なんて言われたりする。

スマホゲームとか有料動画とか、さまざまなものが出てきて、

余暇にどのように過ごすのか、その選択肢は多岐にわたる。

クオリティも大変素晴らしく、その競争はすさまじいものがある。

 

ラジオなんて前近代の娯楽でしかないのかもしれない。

でも、ラジオはいまでも生き残っている。

全国に熱烈なファンがいて、いろんな娯楽があるにも関わらず

熱心にラジオを聴き続けている・・・。

 

熱心にラジオを聞いているのは、何もわたしだけではない。

いろんな人がラジオを聞いていて、そのニーズは非常に幅が広い。

ラジオはテレビほど大きな露出はないけれど、

小さな世界できちんと成り立っている。

テレビほど厳しい規制がなく、多少過激なことをやっても許される。

テレビなどで自由に振る舞うのが難しいこともあり、

いろんな人がラジオで自由にのびのびと振る舞っている。

放送する側にとっても、リスナーにとっても、

とても居心地の良い空間として存在している。

 

ラジオネームという独特の風習も魅力の1つである。

ラジオネームは考えるのも楽しいし、聞くのも楽しい。

ラジオはもはや、ほかに取って変わることのできない、

独自の地位を築いていると思う。

 

対してテレビや新聞などは、どうだろうか?

テレビや新聞は今後、徐々に縮小を続けていきながら、

あるべき姿を模索し続けていくのだろう。出版や映画も同様である。

業界の人たちが頑張っていないわけではなく、

これまで培った知恵やノウハウなどは、ほかに変えられないものがある。

優秀な人もたくさんいて、組織としてはすごいところだと思う。

しかし時代に流れにより、今後、縮小していくことは避けられそうにない。

これらの職種に就いている人たちは、もっと自分たちのことを

真剣に考えていかないと、やがて淘汰される運命にあると思う。

 

かといって、このまますべてネットに乗っ取られるのか、

というと、絶対にそんなことはない。

この流れはまだ続くかもしれないけれど、いつか必ず底をつく。

ネットが全てにおいて万能ではないのだ。

 

結局はいまある環境の中で、ベストを尽くすことが重要なのだと思う。

スティーブ・ジョブズもこんな風に言っていた。

最善とは言えない状況でやった仕事に、いちばん誇りを感じる、と。

 

自分のやるべきことをしっかりとやっていれば、いつか

その面白さに気づいて必ず人は戻ってくる。

ラジオは、ほかよりも先にそんな道をたどってきたのだ。

時代に合わせて変化をしてきたから、ラジオはとても面白いし、

ほかのメディアと比べても、十分に戦えるコンテンツを持っている。

いまは、下手なテレビ番組を見るよりも、ラジオのほうがはるかに面白い。

ラジコの登場によって、ラジオはさらに聴きやすくなった。

 

わたしは外出の空き時間にすることとして、

本を読んだり音楽を聞いたり、スマホをいじったり、

さまざまな選択があるけれど、その中の1つに、

ラジオを聴くというのが、必ず入っている。

 

ラジオで聴く野球中継やサッカー中継は、とても味わいがある。

地震速報や火山の噴火といったニュースも、わたしはラジオでよく聴く。

わたしが一番好きなのは、夜行バスで聴く深夜ラジオである。

夜行バスの暗闇の中で聴くラジオは、ほかに何と例えていいか分からない。

他に変えることのできない、至福のひとときである。

 

時代を経るにつれて、つぎつぎと新しいものが出てくるけれど、

ラジオはこれからもずっと続いていく。

面白いコンテンツをしっかりと提供していれば、

やがてコアなファンがついて、支持されるようになっていく。

ネットの攻勢によって、いろんなことが変化していっても、

決して未来を悲観することなんてない。

面白いと思うものをきちんと作って、

己の信じた道を突き進んでいけばいいと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です