雑記

続「ポモる」という言葉は流行っているのか!?

先日「ポモる」という言葉がわたしの界隈で流行っているという記事を書いた。

その後少し動きがあったので、今回はそのことについて書こうと思う。

 

改めておさらいしておくと、「ポモる」という言葉は、

そもそもは「ポモドーロテクニック」というものからきている。

ポモドーロテクニックとは、

「25分(集中)・5分(休憩)・25分(集中)・5分(休憩)・・・」

のリズムで仕事をするという、時間管理方法である。

サイクルを積み重ねていくことで、どんどん集中が増していく・・・。

ネットで検索してみても、けっこうたくさん出てくる。

集中して取り組む仕事方法の1つとして、取り入れている人も多いみたいである。

 

わたしもついこの間までまったく知らなかったけれど、

フリーランスの界隈では、けっこうよく使われている。

わたしの仲間が、ラインでポモドーロができるようなシステムを開発し、

仲間内で取り組んでいる。(このシステムはマジでスゴい!!)

 

いつしか、わたしの周りでは「ポモる」という言葉が使われるようになっていった。

さらにそれに乗じて、最近では派生語がどんどん生まれるようになってきている。

 

わたしの仲間の1人は、ビール片手に作業をする「酔いポモ」という珍技を生み出した。

酔うと集中できないと思うけれど、そんなことはお構いなしに、

夜になると「酔いポモ」の名手になる。

 

さらに、一緒に作業するのを誘う言葉として、

「連れポモしよう~」という言葉まで登場した。

フリーランス仲間が集まり、ポモドーロテクニックを使って

作業をすることを「連れポモ」というらしい。

 

わたしの周りで「ポモる」がとにかく流行っているのだ。

毎日いろんな場所で、わたしの仲間がポモっている。

「酔いポモ」の名手は、今日も某コワーキングスペースで、

夜になると活発に動き出す。

ラインのシステムを開発した塾長は、京都のある喫茶店でポモっている。

 

いっそのこと、「ポモリたい」人たちを集めて、

なにか大きなことはできないだろうか?

わたしはツイッターもフェイスブックも

まったくやっていないので、拡散させる力がない。

「ポモりたい人、大集合!!」

そうやって、インフルエンサーが号令をかければ、

誰か賛同して集まってくれるかもしれない。

でも集まって何をやるのかは、わたしは知らない・・・。

 

「ももたろうがポモたろう」

わたしは今日も1人くだらないことをつぶやきながら、

このあと少しポモろうかと考えている。