デザイン

【デザイン】オルファのはさみが優秀だと思う件

オルファのはさみを長年使っている。

はさみにこだわりがある人は、あまりいないかもしれない。

わたし自身、身の回り品は使えれば何だっていい、と思うタイプである。

ところがオルファのはさみだけは、譲りたくないと思う。

 

いつからオルファのはさみを使うようになったのか?

きっかけは何だったのか?

いろいろと思い返してみるけれど、記憶は定かではない。

ひょんなことからオルファのはさみを買い、いまに至っている。

 

オルファと言えば、カッターを思い浮かべる人が多いと思う。

わたしがよく聴くラジオ番組で、オルファのCMをやっていて、

それがきっかけで好きになったという経緯がある。

それ以来、カッターを購入するときは、必ずオルファのものを買う。

100円ショップとか、NTカッターなど、種類はいくらでもあるけれど、

カッターに関しては、必ず決まってオルファなのだ。

 

さて、オルファのはさみである。

オルファのはさみはどこが良いのか?

一番の特徴は、黄色をモチーフにした視認性だと思う。

とにかくデザインが抜群に良い。

インテリアショップで置いていても、違和感のないものである。

 

メーカーHPはこちら

 

使い勝手も抜群に良い。

非常に切れ味が鋭くて、思った通りにサクサクと切れる。

使っても良し、置いていても見栄え良し。

オルファのはさみは非常に満足度の高いものである。

 

文房具や小物などは、いつの間にかどこかにいって、無くなることが多い。

それは、あってもなくてもどちらでも良い、と思っているからだと思う。

オルファのはさみは違う。

わたしが持っている身の回り品で、10年以上も現役で活躍していて、

なおかつ、いまなお愛着を持って使うことができるもの、

それがオルファのはさみなのだ。

 

オルファのはさみが好きな人はわたしだけではないと思う。

インテリア雑誌などで、身の回り品の愛着ある品物、のような企画で、

オルファのはさみを挙げていた人を何度か見たことがある。

とにかくデザイン性が良くて、切れ味が抜群なのだ。

オルファが大阪のメーカーということも、好感に思う1つである。

 

はさみなんて何でもいい、という人もいるかもしれない。

ただ、愛着を持って長く使うことができるものを1つでも

持っていると、人生が豊かになる。

ふとした瞬間に眺めると、心が晴れやかになったりする。

はさみと言ってあなどってはいけない。

 

個人的には、インテリアショップなどで、もっとたくさん

展開して欲しいと思っている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です