本・雑誌

ナイキ創業の物語『SHOE DOG』がめっぽう面白い! ~アシックスとの意外な関係性~

ナイキの創業者であるフィル・ナイトの半生を綴った著作

『SHOE DOG』が大変面白い。いまでこそ、ナイキはスポーツ界の巨人ではある。

アディダスやプーマを抜き、ダントツ1位として君臨している。

しかし創業当初は、マラソンシューズを売る小さな販売店に過ぎなかった。

ナイキはそもそもアシックスの靴の販売代理店からスタートしている。

 

1960年日本は戦争に負けて、打ちひしがれていた時代である。

それこそアメリカのことを畏怖と羨望の眼差しで見ていたころだ。

しかし、ここで綴られている内容はまったく違う。

アメリカ人のフィル・ナイトが、日本のことを畏怖の念を持って見ている。

アシックスの創業者、鬼塚喜八郎のラスボス感がすさまじい。

本の帯に書かれている一文が、この本の内容を端的に言い表している。

 

君は転職に出会っているか。負け犬たちの熱狂人生。

 

フィル・ナイトはオレゴン大学を出たエリートだった。

時代は1960年代である。

銀行や証券会社など大手の会社に就職をしていれば、

安定した生活を送ることができていたはずである。

しかし、フィル・ナイトはその道には進まなかった。

神戸に出かけたときに出会った、オニツカタイガーの靴を気に入り、

やがてアメリカで販売権を取得して事業を始めることになる。

 

常にギリギリの資金繰りで、ヒリヒリするような人生を歩んできたことが

著作からも見て取れる。本作を読めば、きっとナイキのことが好きになると思う。

ナイキが絶体絶命のピンチに陥ったときに、日商岩井が手を差し伸べて救った

話は、非常に感動的である。日商岩井がなければ、もしかしたらいまのナイキは

存在しなかったかもしれない。

 

アシックスとナイキは良好なパートナーを築いていたのに、

あるときに決裂してしまう。ここの経緯についてはあまり詳しく書かれていない。

著作ではナイキ側からの視点で書かれていることもあり、

アシックスのキタミという人間が、悪者のような感じで描かれているけれど、

言動にあまり一貫性が感じらない印象を受けた。

ネットではナイキが裏切った、みたいなことがいろいろなところで書かれている。

真相については分からない。

 

わたしがユーザー目線から見て思うのは、ナイキがプロモーションや

売り出し方などが非常にうまいということ、

アシックスは技術はあるけれど、売り方があまり上手ではない、という

ことである。

 

最近は厚底シューズなどでナイキが話題をさらっているのに対し、

アシックスはあまりパッとしないという印象を受ける。

わたしはアシックスのシューズのヘビーユーザーなので、

アシックスにはもっと頑張ってもらいたい気持ちがある。

 

スピード感があり、駆け抜けていく爽快感を味わえる良書なので、

是非とも読んでください~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です