決断するのに遅すぎることはない ~フリーランスの抱負について~

フリーランス

仕事を辞めてフリーランスになった。

会社員としてやれるだけのことはやったと思う。

仕事が嫌でたまらなかったとか、人間関係が耐えきれなかったとか、

そういうことはまったくない。

上司や周りの人たちにはとても親切にしてもらった。

でも心の中では、本当にこのままでいいのだろうか?

そんな思いがずっとあった。

この先5年後も10年後も変わらず同じような仕事をしているのではないか?

そんなことを考えたときに、何かを変えなければならない、そう思った。

 

33歳というタイミングで仕事を辞めた。

仕事を辞めるときに、いろんなことを言われた。

もったいないとか、考えが甘すぎるとか・・・、至極まっとうな意見だと思う。

多分、自分のことを思って親切心で言ってくれていたのだと思う。

それでも仕事を辞めた。

 

もう随分と前から言われていることだが、

いまは新卒で入った会社員が3年で3割が辞める、と言われている。

小売業では5年で5割、といったことも言われる。

この数字は自分の感覚としては非常に正しい。

自分の同期も、だいたい同じくらい辞めた。

 

10年近く経って辞める人はあまりいないかもしれない。

役職があって部下もいるし、責任のある立場でもある。

客からクレームがきたときに、責任者として対応するポジションだった。

自分で言うのもおこがましいけど、割と会社には貢献していたと思う。

 

人生には必ず節目がある。人によってそれは異なるかもしれないけど、

自分にとっては32歳というのが1つの節目だった。

仕事を辞めるときに、尊敬する2人のことが頭にあった。

 

西岡利晃さんは、関西が生んだボクシングのスターである。

若くから天才と言われながら、世界戦で幾度となく壁に阻まれ、

あと一歩のところで、いつも届かなかった。

「西岡はもう終わりだ」周りは誰もがそう思っていた。

 

しかし彼はあきらめなった。

苦節を味わい、過去の人と揶揄され、それでも前を向いて進んでいく。

5度の挑戦で世界チャンピオンになったのは32歳のときだった。

かつて天才と言われた人間が、挫折を味わい、復活するまでの過程に

自分はものすごく共感をしている。

 

作家の中谷彰宏さんが、博報堂を辞めて独立したのも32歳のときだった。

いまでは自己啓発本を何百冊と出している。最近はめっきり読まなくなったが、

学生時代に悩んだときに、いろいろとお世話になった。

中谷さんについてもいろいろとお世話になったことがあるが、ここでは書かない。

 

自分の中で32歳というのは、1つの節目だった。

仕事を始めてちょうど10年ということもあった。

結果的には1年遅れて、33歳で仕事を辞めることになった。

 

いまはクラウドソーシングを使ってライティングに取り組んでいるが、

当然すぐに結果が出るはずもない。1文字たった数円で文章を書き、

果たしてこれが誰かの役になっているのか?という疑問もある。

いまの段階で言えば、会社で働いていたほうがよほどラクである。

それでも自分で決めて仕事を辞めた。

 

フリーランスには夢もあれば、絶望もある。

社会に順応できなくて、仕方なく流れ着いたような人もいるし

自分の力で成功を収めて、楽しそうに暮らしている人もいる。

自分のことはすべて自分でできる、いろんな意味で自由なのだ。

 

いろいろとつらいことはあるだろうけど、未来を悲観せずに

一歩ずつ前を向いて歩いていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました