時事問題

【フリーランス】妊婦は出産前後期間、国民年金保険料が免除される!

世の中は年金問題で大きく揺れていますが、よく調べてみると、わたしたちが知らない国の控除があります。

フリーランスの人にとって、とても関係のある制度が2019年4月から始まりました。

結婚や出産を控えている人は必見ですので、是非とも活用したいところです。

詳しいことを順を追って見ていきます。

国民年金保険料の免除制度について

国民年金保険料の免除制度は、国民年金に加入している妊婦さんが対象となります。

詳しい内容は以下の通りです。

 

国民年金保険料の免除制度

◯対象者

国民年金第1号被保険者

 

◯免除期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間、国民年金保険料が免除される。

 

◯届出時期

出産予定日の6か月前から届出可能

 

◯届出先

市役所または町村役場の国民年金担当窓口

国民年金保険料免除制度のメリットは?

国民年金を支払っている妊婦さんは、この制度を利用すると、4か月間の国民年金保険料を免除することができる。

国民年金保険料は19年現在は月額16,410円なので、約7万円の支払いが免除されることになる。

支払い免除なので、この金額が将来、支払われないといったことはありません。

国民年金の支払いが減って、出産前の負担が軽くなるのです。

国民健康保険料の免除制度の注意すべき点

この制度を受けるに当たり注意するべき点があります。

まず対象は国民年金を支払っている人、というところがポイントです。

正確に言えば、第1号被保険者、となります。

フリーランスや自営業、農業・漁業などが対象なのです。

厚生年金を払っている会社員は対象外なので注意が必要です。

自分が国民年金を支払っているのか、きちんと確認することが重要です。

ただ過去には、消えた年金問題といったことも起きているので、申請がきちんとされているかどうかは、年1回郵送で自宅に届くねんきん定期便を必ずチェックしましょう。

国の制度を上手に利用して将来に備えよう

国の制度は、わたしたちの知らないうちにどんどん変わっていきます。

専門家でもない限り、すべてを追うのは非常に難しいです。

国はわたしたちに制度についてきちんと教えてくれません。

自分で手続きをして、自分で申請をしなければならないのです。

学校で勉強する機会もないので、自分でしっかりと調べなければ、たちまち損をしてしまいます。

この先出産の予定がある人は、是非とも頭に入れておきましょう。

また制度を利用するには、近くの市町村に申請をする必要があるので、忘れることなく早めに準備しておくことが重要です。

国の制度を上手に使って、将来不安を解消していきましょう。

 

参考文献 (詳細は以下の公式HPからチェック)

日本年金機構HP

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20180810.html

 

産前産後期間の免除制度 リーフレット

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20180810.files/03.pdf

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です