その他(雑記)

音楽の聴き方について ~定額聴き放題から背を向ける生き方~

音楽の聴き方は時代を経るごとにどんどん変わっていく。

一時はアイポッドやウォークマンが世の中を席巻していたが、

いまはその言葉を聞くことはほとんどない。

スマホで音楽を聴くのが主流と思われる。

 

アップルミュージックやアマゾンアンリミテッド、

スポティファイといった定額聴き放題サービスというものがある。

 

わたしはそういったサービスを、どこか羨望の眼差しで見ているところがあり、

反面、どこか受け入れられない部分もあって、いまだに使っていない。

音楽は自腹を切って買うもの、という意識がどこかにあって、

定額聴き放題にすると、音楽を買うという意識が

どんどん薄れていくような気がする。

わたしのなかで、どこか許せない部分があるのだ。

 

わたしはいまもCDアルバムを買い、1曲単位で欲しいものがある場合は、

ウォークマンの公式サイト「Mora」で買ってダウンロードしている。

家にはBOSEのwave music system ⅣがあるのでCDで音楽を聴いている。

恐らく時代に合った聴き方ではないと思うけれど、

自分にとってこれが一番しっくりとくる。

 

自分のアナログぶりを改めようと思うことはあるけれど、

いくら効率を求めたところで、結局はそんなに変わらない気がする。

効率を追い求めすぎると、捨ててしまう何かがあると思っていて、

自分に合った方法で聴くのが一番良いと思っている。

ラジオとかユーチューブとか、いろんなツールがあるので、

定額聴き放題がなくても、そんなに困ることはない。

 

それにしてもすごい時代になったものである。

わたしが小学生のころは、ラジオを録音したり、CDを借りたりしていた。

90年代は音楽バブルがすごくて、数多くのシングルCDがミリオンヒットを

飛ばしていた。いまとはまったく状況が違う。

音楽を手に入れる手段が増えて、いろんな選択肢ができることは素晴らしい。

音楽はますます身近なものになり、わたしたちの生活を豊かなものにしてくれる。

 

これからも音楽の聴き方はどんどん変わっていくのだろう。

わたしは新しい音楽をつねに聴いていきたいと思うし、

過去の曲ばかり聴いている人間にはなりたくないと思う。

でも音楽の聴き方については、それほど変わらないような気がする・・・。

 

CDというものは、今後なくなっていくかもしれないけれど、

それでもわたしはCDで音楽を聴きたいと思うタイプなのだ。

なにか大きなきっかけがあれば、改める日が来るかもしれない。

これからもタワーレコードに足を運んで、CDを買って音楽を聴く

生活を続けて行こうと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です