雑記

面接について

ネットの記事で、日本の面接は本当に機能しているのか?といった内容のものを見た。

就職試験や昇進試験など、さまざまな場面で、面接によって合否を決めることがある。

 

人事担当者は多くの経験を積んでいるから、2~3分くらい話をすれば、

育ちとか人柄とか分かる、なんて言う人もいる。

経験が為せる技、ということを言いたいんだと思う。

 

たしかに、人を見る目がある人はいると思う。

自分が気づかないところに気づく、そうしたことを自分は何度も経験をした。

 

でも、そうやって経験を積んだ人が面接をしているにも関わらず、

会社に入ると、誰があいつを取ったんだ?面接官は何を評価したんだ?

みたいな人は必ずいる。

 

もちろん、辞退する人を見越して多めに取っている、といった事情もあるのだろう。

あるいは、似たような人ばかりをとってもつまらないから、数人くらいは

少し頭のネジが1本抜けているみたいな人を入れたほうが、組織としてうまく回る、

そういう狙いがあるのかもしれない。

もしくは人手不足で、誰でもいいから欲しい、ということもあるかもしれない。

 

審査するということは同時に審査される、ということでもある。

真剣勝負の場なのだから、面接する側も同じくらい緊張してしかるべきだと思う。

 

M-1グランプリでは、審査員が一様に頭を抱えて悩んでいる。

お笑いの頂点を極めたレジェントたちが、真剣に頭を悩ませているのだ。

M-1の評価もいろいろと言われたりするけど、審査については、

それほど間違っているようには思わない。

 

フィギュアスケートの採点なども、いろいろと言われたりする。

そういうのを見るにつけ、人が人を評価する、というのはとても難しいと思う。

 

面接する側もそれくらい緊張感を持ってやるべきだと思う。

こういうことを言うのは、自分は面接でいい思いをしたことがほとんどない、

ということもあると思う。就職試験は散々だったし、会社の昇進試験も何度か落ちた。

もちろん、自分の準備不足、力不足の面もある。というか、それがほとんどである。

それでも、たった数分の面接で何が分かるのか?と思ってしまう。

 

まあ、どんなに言い訳や文句を言ったところで、結局はシンプルな結論に行き着く。

つまり、採用する側が仕事をしたいと思う人間を取り、そうでない人を落とす、

ということである。

 

採用をして欲しいあまり、自分を押し殺して相手に合わせる必要はない。

でも、相手が求めていることに寄り添っていく、ということも大事なのだろう。

 

この先、面接をする機会はあるだろうか?・・・。

正直、合格できる自信はない・・・。