向き合い方

仕事をしないマインスイーパーおじさんのこと ~イケハヤ大学受講中~

イケハヤさんのユーチューブを見ていて、懐かしいものに出くわした。

マインスイーパーである。

動画の中で、仕事をせずにパソコンゲームに熱中しているおじさんを

「マインスイーパーおじさん」と揶揄していた。

そういったおじさんは、会社には一定数存在すると思う。

わたしはマインスイーパーおじさんに出くわしたことはないけれど、

ソリティアおじさんなら出くわしたことがある。

そういった人に限って、高い給料をもらっていたりするから、

本当に困ったものである。

 

これらがはびこっているのは、終身雇用というものが背景にあるように思う。

終身雇用は、一時期までは素晴らしい役割を果たしていたけれど、

いつもまでも首を切られることなく、安泰としていられることは、

終身雇用制の悪い側面だと思う。

やる気のないおじさんたちがくすぶっている組織は、

やがてマインスイーパーおじさんのような人を生み出すことになる。

 

わたしも会社員のころを思い返してみると、明らかにやる気のない人はいた。

出世することもできず、ほかにどうすることもできなくて、

定年を迎えるまで、何事もなく無事に時間が経過してくれればいい、

そうやって、時間潰しをするかのように過ごしている人がいた。

そういった組織では、とにかくスピード感が遅い。

そんな仕事ぶりで、高給を取っている人を見ていれば、

若手がやる気をなくしていくのも無理はない。

会社にぶら下がらないと生きていけない人は、どんな組織にも必ずいる。

だから、官僚には天下りといった制度が公然と存在しているのだ。

 

なぜこうした問題が起きてしまうのだろうか?

わたしは誰かに依存しながら生きていたいとは絶対に思わない。

会社の荷物になるのであれば、自分から辞めたいと思う人間である。

自分に能力があるかどうかは分からないけれど、

先の見えない組織にずっと居続けるよりは、独立して自分の力で少しずつ

挑戦してみる方がいい、そう思って会社を辞めた。

会社にぶら下がるくらいなら、自分から辞めて1人で歩んでいきたいと思う。

 

でも、ぶら下がりおじさんたちは、残念ながらそうした考えはない。

会社もそうした状況はよく分かっている。

会社が早期退職の募集をかけるときは、だいたい45歳以上という年齢制限がある。

出世することもできず、ポストがなくてくすぶっているおじさんたちを

どうにかしたい、そうやって会社もいろいろと手を尽くしている。

しかし、そこまで面倒をみる必要はあるのだろうか?

ぶら下がりおじさんたちは、独立してやっていくという考えはないのだろうか?

でも、そうした問いは愚問とも言えるかもしれない。

それができるのであれば、とっくに行動を起こしている。

誰かに言われるまで動けない人たちだから、そうした状況に陥っているのだ。

 

官僚などにもそれを感じることは多い。

官僚の人たちは、本来エリート中のエリートである。

能力は圧倒的に高いはずで、あらゆることにおいて、

ものすごく秀でているはずなのだ。普通に考えてみれば、

そうした人は独立しても全然やっていけそうなものである。

でも、そういったことが行われることはない。

官僚組織の出世争いに破れて、やがて天下りをしていく。

 

リスクを背負うということは、能力うんぬんは関係ないのかもしれない。

フリーランスなんて、言ってしまえば誰でもなれるものなので、

組織の先行きが不安定なのであれば、すべて自分でコントロールできる

フリーランスとい選択をした方が良いと思うけれど、

ずっと組織で生きてきた人は、そうしたことを考えることはない。

このあたりが、日本の企業の成長を妨げているような気がする。

 

先日トヨタの社長が、終身雇用を維持することの困難さについて言及した。

日本を代表する企業のトヨタでさえも、もはやそうした状況なのだ。

もはや終身雇用をあてにして、会社に入るのはやめた方がいいと思う。

でもわたしは、そうした社会の方が健全のような気がするのだ。

 

東大に入ったとか、大企業に入ったとか、そうしたことが安泰につながる時代は、

とっくの昔に終わっている。入ってから何をするかが重要なのに、

入口で区切っていること自体、ものすごく一面的な見方しかしていない。

時代は常に変化していくものなのだから、いろんな考え方を変えていかなければ

ならないと思う。

 

とは言え、会社員もいろいろと大変である。

わたしもずっと会社員をしていたのでよく分かる。

組織に属していると、いろいろと理不尽なことに巻き込まれる。

組織の論理というのがあって、それに従わなければならない。

でも、それがつらいのであれば、いっそのこと辞めてしまって、

独立してしまえばいい。

フリーランスになるというのは、以前に比べて格段にハードルが下がった。

その気になれば、いくらでもやっていける環境が整っているのだ。

しかし、独立に対する心理的ハードルは、まだまだ高い気がする。

やってしまえば大したことないようにも思えるけど、

まるで人生をすべて捨ててしまうみたいな、一大事みたいに思っている人は多い。

多分、そんなことはないはずである。

わたしはそれを証明するために、いま必死になって頑張っているところである。

 

ところでマインスイーパーやソリティアは、

最近見かけなくなったけれどいまもあるのだろうか?

いまのおじさんたちは、どうやって暇つぶしをするのだろうか?

スマホゲームなんかが充実しているので、探ったらいろいろと出てきそうである。

どんなゲームをしているのか、聞いてみたい気もするけれど、

でも本心を言えば、ちゃんと仕事をして欲しい、と思ったりもする。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です