映画批評

【必見】中野量太監督『長いお別れ』は心温まる家族映画!

中野量太監督は前作『湯を沸かすほどの熱い愛』が非常に良かった。

家族を描いた素晴らしい作品はたくさんあるけれど、

その中でも屈指の出来だったように思う。

主演の宮沢りえと、助演の杉咲花は、その演技が高く評価されて

アカデミー賞を受賞した。

脚本も非常に素晴らしく、オリジナルで作られたものとしては、

大変良かったと思う。

 

 

中野監督の最新作が公開となり、初日となる今日、劇場に足を運んできた。

映画『長いお別れ』である。本作もまた家族を描いた作品である。

最近は、家族を描いた素晴らしい映画が、本当に多い気がする。

本作も実際に鑑賞して、大変素晴らしかったので、

今回はそのレビューを簡単に綴ってみたいと思う。

 

 

※一部ネタバレ含みます。

[STORY]

父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、

厳格な父が認知症になったという事実だった。それぞれの人生の岐路に

立たされている姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、

変わらない父の愛情に気付き前に進んでいく。ゆっくり記憶を失っていく

父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは?

※劇場パンフレットより

 

父親はもともと学校の先生で、校長先生まで務めた人だった。

描写を見る限りでは、しつけや教育などには

とても厳しい人だったのではないかと想像をする。

おかげで、娘は2人ともしっかりと自立していて、立派に育っている。

竹内結子と蒼井優という美人姉妹である。

 

認知症になった父親を、家族みんなで励ましながら、

世話をしたり、どこかに出かけたり、奮闘する様子が描かれている。

ところが、葬式で大声をあげてしまったり、

突然どこかにいなくなってしまったり、

父親はいろいろと問題ばかり起こしてしまう。

 

認知症はいま、日本でも社会問題となりつつあり、

この物語のことは誰にでも起こりうることだと思う。

親の介護という、いつの時代にも起こりうる普遍的な内容を、

温かい眼差しで、優しく描いている。

 

娘たちもそれぞれに悩みを抱えている。

カフェを開くという夢や恋愛がうまくいかない、

慣れない海外生活や、旦那と息子との関係があまり良くない。

親の介護をどうするのか、娘の2人がカフェで話し合うシーンは、

非常にリアルである。

 

母親も明るく気丈に振舞っているけれど、裏では非常に大変な思いをしている。

娘に迷惑をかけないように、気を遣っているのかもしれない。

しかし、網膜剥離になってしまい、うつ伏せのまま過ごす時期を送ったりもする。

一番大変な思いをしていると思われるが、苦労している描写はあまりない。

 

個人的には、誕生日には必ず三角の帽子をかぶるという家族の習慣、

というところがとても良かった。

大きくなっても同じようにするのが、すごくいい。

もう1つ、父親がいなくなって、遊園地のメリーゴーランドで

知らない女の子と一緒に乗っているのも、心温まるほっこりするシーンである。

父親が乗っているメリーゴーランドを見て、いろいろと思い出すのがすごくいい。

 

中野監督の作品は伏線が張り巡らされていて、

あとになってそれを回収することがある。

本作では、父親が書いた「エリザベス」という漢字の当て字が

最後に出てきたときは、とてもうまい演出だな、と感心した。

 

この映画は明るくユーモアを交えた物語にしていたけれど、

実際の介護は想像以上に大変だと思う。

誰が面倒をみるのかを押し付け合ったり、亡くなった後に財産分与を

どうするのか、話し合いで揉めたり、いろんなことが考えられる。

 

中野監督の家族を描き方は、非常に温かみがあって、

丹念な描写を重ねることにより、良質な家族のドラマと仕上がっている。

130分間、飽きることなく鑑賞することができた。

 

こころが暖かくなる物語なので、できるだけ多くの人に

見てもらいたいと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です