滋賀

【大津市】かつて存在した「紅葉パラダイス」という娯楽施設について

関西はかつてレジャー施設で溢れていたが、時代の移り変わりもあって、次々と閉鎖されている。日本では、ディズニーランドとユニーバサル・スタジオ・ジャパンが2強となっていて、それ以外のところは厳しい経営のところが多い。娯楽の多様化などもあり、今後もその流れは進んでいくと思われる。

滋賀県にはレジャー施設はあるだろうか?ネットで調べると「びわ湖子どもの国」や「ひこねスカイアドベンチャー」などがある。

あるとき、京都新聞で面白い記事を見つけた。かつて滋賀県大津市茶が崎に「紅葉パラダイス」という娯楽施設があったのだ。

 

京都新聞の記事はこちら

 

記事にもあるとおり、紅葉パラダイスは1966年に「東洋一の総合レジャーランド」をうたって開業をした。3万平方メートルを超えるびわ湖の埋立地に、温泉と遊園地、演芸場を兼ね備え、祖父母から孫まで家族3世代が楽しめるテーマパークだった。当初は賑わっていたが、レジャーの多様化が進んで徐々に客足が落ちていく。しまいに赤字に陥って、98年に営業を終了した。

わたしはこの近辺に住んでいるけれど、この辺りはやたら贅沢な土地の使い方をしているな、とずっと思っていた。この記事を読んで、そういうことかと納得した次第である。かつてこんなに大きな娯楽施設があったとは、思いもしなかった。いまは高層マンションがずらりと立ち並んでいる。都心にも負けないほどの、すごい規模である。初めて滋賀にきたときに、マンションの多さにとても驚いた。関西の隅っこにある、片田舎というイメージしかなかった。京都や大阪にアクセスの良い、ベッドタウンとなっているのだ。

この近辺は商業施設などが非常に多く密集している。イオンスタイル大津京や、ドン・キホーテ、洋服の青山や、飲食店各店など、あらゆるものが密集している。土日になると車の交通量が格段に増えて、よく渋滞が起きている。湖と山に囲まれていて、道がそれほどたくさんあるわけではない。このあたりの交通渋滞は、何とかならないものだろうか?

都会に出る便利さを求めて、大津や草津などは人口集中が続いている。草津の高層マンションは、ここは本当に滋賀県かと見間違うほどの規模である。京都は高さの規制が厳しいので、滋賀に流れてきているのだろう。ただ個人的には、あまり景観が良くないと思う。びわ湖を本当に活かしきれているのか、という疑問がある。山梨の河口湖に行ったことがあるけれど、すごく雰囲気の良い場所だった。びわ湖近辺は野放図にマンションが建てられていて、なにか他にないものだろうか?なんてつい考えてしまうのだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です