映画館

【悲報】キノシタホールが閉館!名古屋の単館系映画が減るのは残念!

映画好きにとって、悲しいニュースが飛び込んできた。

名古屋にあるキノシタホールが閉館するという。

閉館日時は19年4月26日。ちょうどこの記事を書いている日である。

キノシタホールが33年の歴史に幕を閉じる。

ネットでたまたま目にして、このニュースを知った。

 

 

 

キノシタホールの思い出

わたしは一度だけ、キノシタホールに足を運んだことがある。

地下鉄で今池駅を降りて、そこから徒歩およそ10分。

そのとき観た映画は、吉田大八監督の「美しい星」。

リリー・フランキーや橋本愛が出演していたように記憶している。

観客は、わたしともうひとり年輩の女性の2人だけ。

ほとんど独り占めに近い状態で、映画を観たことを覚えている。

映画は、細かいところは忘れてしまったけれど、いろいろとぶっ飛んだ映画で、割と面白かったのを覚えている。

 

 

 

キノシタホールの歴史について

キノシタホールは1986年に開館した。

キノシタホールは、故・木下茂三郎が自社制作の映画「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」を上映するために作られた映画館である。

キノシタホールは、単館系の少し尖った作品を上映している。

キノシタホールは外観が非常に美しく、特に夜のライトアップされたときは、建物全体が非常に映える。

桜通りの交差点に立つ、非常に存在感のある映画館だった。

閉館に理由は定かではない。

ホームページには諸事情により、としか書かれていない。

映画好きとしては、非常に残念なことだと思う。

 

キノシタホール公式HP 閉館アナウンスはこちら

 

映画館の閉館に思うこと

わたしは映画が好きで、気になる作品は必ず映画館で観ている。

どの映画を観るか、というのも大事だけど、映画館自体に興味があって、遠くからわざわざ観に行くこともある。

愛知県に住んでいたときに、いろいろな映画館に足を運んだ。

名古屋は意外と映画館が充実している。

わたしは単館系の映画を観ることが多く、シネマスコーレや伏見ミリオン座などがお気に入りで、よく観に行っていた。

伏見ミリオン座は、立地、雰囲気、映画のセレクトや、おしゃれなカフェなど、非常によくできた映画館である。

わたしはここで、フランソワ・オゾン監督の「婚約者の友人」という映画を観て、大変素晴らしい体験をしたのを覚えている。

 

映画を観るという娯楽の優先度は高くない

映画館で映画を観るという習慣は、日本ではあまり一般的ではない。

諸外国に比べて映画を観る習慣が少ない、といったことがよく言われている。

映画好きにとってみれば、非常に残念である。

ただ、仕方のない面もある。

一般料金が1800円は非常に高いし、それに見合ったものを得られるかと言うと、正直微妙なときもある。

わたしは大学時代、レンタルでいろんな過去の名作を観ていたけれど、お金のない大学生にとって、わざわざ映画館に行って高いお金を払って映画を観に行くのは、非常にハードルが高いことだった。

さらに追い打ちをかけるように、先日、東宝が1900円に値上げするという発表をした。

映画を取り巻く環境は、非常に厳しいものがある。

 

いまはたくさんの娯楽があって、映画館で映画を観るという選択を行う人はそれほど多くはない。

2時間の映画体験をするということに、価値を感じていないのだ。

残念だけどそれが事実なのだと思う。

単館系の映画館が1つ消えてしまうのは、とても寂しい。

時代の流れだから仕方のないことなのかもしれない。

 

キノシタホールさん、33年間良質な映画を届けてくれて本当にありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です