奥多摩

奥多摩の絶景スポット!カフェ「インディゴブルー」にお邪魔しました

奥多摩で地域起こし協力隊をしている仲間に連れられて

カフェ「インディゴブルー」に行きました。

 

山の上にあるカフェということで、どんな場所なのか気になっていた。

道中には看板もないし、急な山道をどんどん登っていく。

道中には、廃車で打ち捨てられているハイエースがある。

道幅は車一台分しかなく、対向からやってくればすれ違うこともできない。

初めて来る人からすれば、不安に思うような場所にある。

通りがかったときにたまたま見つけた、みたいなことは絶対にない。

わたしは仲間に連れられて車に乗っているだけだったけれど、

本当にここであっているのだろうか?

そんな疑いすら覚えてしまうような場所なのだ。

 

奥多摩では、ツーリングをしている人をよく見かけたけど、

この険しい山道なら、自転車で登っていけるようなものでもない。

もう少し、看板を立てたり道案内をしたりすれば、

人が来るような気がするけれど、いまのところはその動きはないようである。

 

ネットを見ると、フェイスブックとツイッターを

やっているようなので、ページリンクを貼っておきます。

 

フェイスブックページはこちら

ツイッターページはこちら

 

インディゴブルーに着くと、奥多摩の大自然を望む絶景が広がっていた。

趣のある古民家に、非常にオシャレな暖簾がかかっている。

窓からは雄大な大自然を眺めることができる。

物音1つしない静かな空間で、極上にひとときを味わうことができる。

この日は雨だったということもあり、客はわたしたち以外に1組来ただけで、

それ以外は独り占めすることができた。

ゆったりとくつろぐことができて、贅沢な時間を過ごすことができた。

インテリアなどにも随所にこだわりを感じられて、

とても素敵な空間だった。

わたしはアイスコーヒーと、わさびを使ったアイスを注文した。

味は極上でとても美味しい。

話によると、インディゴブルーはさくらホテルズという会社が

経営しているとのこと。

奥多摩で商売をしても、そんなに儲からないと思うけれど、

こんな粋なカフェをやっていて、個人的には素晴らしいと思う。

2018年にオープンしたとのことで、1年ほどになるけれど、

末長く続いて欲しいと心から思っている。

 

奥多摩でいろんな場所をめぐったけれど、インディゴブルーに来られたことは、

奥多摩でもっとも良い経験ができたうちの1つである。

もし機会があれば、また違う季節に足を運んでみたいと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です