動画・テレビ

イケハヤさんのYoutubeを見て感じたこと ~イケハヤ大学開講中~

イケハヤさんのYoutubeを見た。

仕事を辞めてフリーランス界隈の人たちと接するようになるまで、

イケハヤさんのことは何1つ知らなかった。

ネットで検索して、何度かその名前を見たことがある、くらいである。

何をしていて、どんな考え方を持っているのか、

どんな風貌をしているのか?情報を1つも持っていなかった。

 

ただ1つ、煽り系の発言をする人、ということだけは知っていた。

「まだ東京で消耗しているの?」

というのが、イケハヤさんのブログの題名である。

 

ひょんなことからYoutubeを見た。

ものすごく頭が切れて、あふれるように言葉が出てくる。

さまざまな問題について、非常に鋭い視点からバサバサと切っていく。

イケハヤさんの煽り系の言葉を、いままで文字でしか読んでこなかった。

文字で読むとなかなか強烈なものが多いけれど、

Youtubeで文脈のなかで聞いていると、さほど違和感を感じなかった。

なるほどこういうことか、と自分の中で妙に合点がいった。

聴いていて痛快とさえ言えるほどだった。

 

この内容は普通にお金を取っていいレベルである。

お金を払って講義を聞きに行くレベルの内容を、

動画の中で惜しげもなく披露している。

この内容をYoutubeで聴けてしまうというのは、なかなかすごいことだと思う。

 

イケハヤさんはわたしの1つ歳下である。

早くから考えて行動に移した人は、しっかりと成果を出していてすごい。

同年代でものすごく稼いでいる人を見ると刺激になる。

この動画を見るまでは、無駄に煽ってばかりいる人かと思っていたけれど、

話の内容はとてもしっかりしていて、参考になる部分が多かった。

ブログの世界で先頭を走っている人の考えがよく分かった。

 

イケハヤさんはしきりに、これからはYoutubeの時代だ、

ブログはもうオワコンだ、ということを主張していた。

あれだけたくさんのブログを書いてきたのに、それに固執せずに、

新たな分野で開拓をし続けている。

次に何がくるのかをしっかりと見ていて、その嗅覚がすごい。

 

わたしはずっと会社員をしていたこともあり、

若くしてブログでたくさん稼いでいる人を見て、なんとなく

「苦労を知らない若者」みたいに、うがった目で見てしまうこともある。

アフィリエイトの世界は、まだそれだけ成熟しておらず、

行動した者が勝てる、といった側面があるのだろう。

いろんな人がいて、しのぎを削っている世界である。

そんな世界を生き抜いてきた人の言葉は、なかなか重みがある。

 

フリーランスは自分の頭で考えることが何より大切である。

イケハヤさんの言葉を鵜呑する必要はないと思うし、

1つの意見として参考にしながら、進んでいけばいいと思う。

気負わずにできる範囲のことを少しずつやっていきたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です