未分類

【高級タオル】ヒポポタマスの使い心地が素晴らしい!評判も良い!

バスタオルは誰もが使う日用品の1つです。

毎日使うものだからこそ、こだわりのものを使いたい人は多いと思います。

タオルはさまざまなものがあって、どれがいいのか悩む人も多いです。

そんな人は、タオルの中でも最高の品質を誇る、ヒポポタマスがおすすめです。

自身の使っている経験から、使い心地をお伝えたいと思います。

 

ヒポポタマスとは何か?

ヒポポタマスは、英語でカバを意味します。

大きく口を開けたカバが、ロゴとしてデザインされています。

タオルのブランディングの中でも非常に特徴があり、子どもでも覚えやすいブランドになっています。

カバのマークのタオル、と言えば、ヒポポタマスのタオルなのです。

ヒポポタマスのタオルの素晴らしい点

わたしは以前、百貨店でタオルを販売していて、いろんなタオルを見てきました。

触り心地、風合い、タオルにはそれぞれに特徴がありますが、ヒポポタマスはあらゆるタオルの中でも非常に優れていて、品質には定評があります。

吸水性が抜群で、しっかりと水分を拭き取ることができて、触り心地も非常になめらかです。

オーガニックコットンを使っているので、肌にも優しいのが特徴です。

赤ちゃんが口に入れても安全なものに仕上がっているので、安心して使うことができます。

またタオルの色は、全般的に白や薄くて明るいものが多いですが、ヒポポタマスのタオルは、彩り深い濃厚な色味が特徴です。

色のバリエーションも豊富で、思わず悩んでしまいます。

値段は8000円近くするので、非常に高級なものになりますが、それに見合った品質であることには間違いありません。

良いタオルを使うと、毎日の風呂上がりが楽しくなります。

 

ヒポポタマスを使ってみた感想について

わたしはかれこれ1年以上、ヒポポタマスのタオルを使っています。

わたしは硬くてガッシリとした風合いのタオルが好みで、使う前はヒポポタマスのタオルは少しなめらか過ぎて合わないと思っていました。

それまでは、ホットマンの1秒タオルというものを使っていたのです。

しかし使っていくうちに、徐々にその良さが身に染みて分かってきました。

タオルは使っているうちに、だんだんと最初の風合いがなくなっていきます。

値段の安いタオルは、特にその傾向が強いです。

店で売っている段階では、ふんわり感となめらかさがあるけれど、使ったり洗濯したりすると、すぐにヘタってしまいます。

店で見たときは良さげなものでも、何度か洗濯をするとその差は徐々に現れてきます。

安いタオルは、柔軟剤で表面をツルツルにしたものも多くて、使ったり洗濯をかけたりするうちに、最初の風合いがすぐに損なってしまうのです。

その点、ヒポポタマスのタオルは、綿が非常にしっかりとしていて、いつまでも最初の風合いを保っています。

長く使うほどその差は歴然です。

さらに良いタオルを長く使うと、愛着が沸いてきます。

次もヒポポタマスを使いたい、いまわたしはそう思っています。

 

ヒポポタマスのタオルはどこで買えるのか?

ヒポポタマスのタオルは、百貨店やタオル専門店などで購入することができます。

またネット販売も行っていますので、興味のある人は、以下のサイトからアクセスすることができます。

 

ヒポポタマスのHPはこちら

 

ヒポポタマスは海外にも進出していて、香港や上海などでも展開をしています。

タオルケットやバスローブ、バスマットやルームサンダル、カバの人形など、さまざまなものを販売しています。

今治タオルの復活、地場産業の隆盛について

タオルと言えば今治が有名ですが、復活を果たしたのは最近のことです。

一時期タオルは、ほとんどが海外製で占められていたことがありました。

グローバル経済の波に押されて、中国などで作られた安いタオルが次々と入ってきて、国内のタオル産業は大変な苦境に陥っていました。

何とかその事態を打破するために、今治の人たちは様々な案を出しました。

そして、デザイナーの佐藤可士和さんにブランドロゴの作成を依頼したのです。

それまで地場産業をブランド化するというのは、ほとんど例がありませんでした。

今治の人たちの目論見は見事に当たりました。

やがて今治タオルは成功を収め、多くの人たちに認知されるようになったのです。

 

今治タオルの物語、知るとタオルが愛おしくなる、おすすめ書籍

今治タオルは、地場産業復活の先駆けとして、数々のメディアに取り上げられました。

佐藤可士和さんが書いた『今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略』は、今治タオルのブランドが生まれるまでの過程を描いたものです。

地場産業のブランド化というのは、いまでこそいろんなところでやっていますが、今治タオルの取り組みは、その先駆けに当たるものでした。

とても面白い本で、この本を読むと今治タオルへの愛着も沸いてきますので、興味がある方は一読をおすすめします。

 

佐藤可士和著 今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略

朝日新聞出版社

ヒポポタマスのタオルはギフトにおすすめ

ヒポポタマスのタオルは、非常に高価なものなので、自分で買うのはなかなか勇気がいると思います。

自分用に買うのも良いですが、ギフトでプレゼントするのにとても良い商品です。

結婚祝いや新築祝いなど、新生活を送る人に贈ると非常に喜ばれます。

ヒポポタマスのタオルはギフトで大変人気があり、多くの人が買っていきます。

父の日や母の日、誕生日やお祝いごとなど、何かプレゼントをするときに、いろいろと悩んでしまうことは多いですが、タオルは非常におすすめです。

よほどのことがない限り、自分で高級タオルを買う人はなかなかいないので、プレゼントすると非常喜ばれます。

カバのマークのヒポポタマスのタオル、興味のある人はぜひ試してみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です