政治・経済

【逆神】予想をことごとく外す人(評論家など)の正しい使い方とは?

世の中には逆神と呼ばれる人がいる。

未来のことは誰にも分からないので、当然推測に基づいた話をすることになる。

見事に当てることもあれば、まったく外す場合もある。

人間は誰しも間違うことがあるので、それは仕方のないことである。

でもわたしが言いたいのは、そういった小さいミスの話ではない。

 

そもそも逆神とはなにか

ニコニコ大百科から引用すると、逆神とはネットスラングの1つである。

「逆神」は立てた予想がことごとく外れる人のことを言う。

ここで重要なのは、単に外れるだけでは逆神とは言わない。

「逆神の逆をいけばことごとく当たる」といった風に、わざとやっている

のではないかというような、見事な外しっぷりを、何度もやる人のことを指す。

おもに評論家やコメンテーターなどに使われることが多い。

 

なぜ逆神と呼ばれる人は生まれるのか?

専門家と称していながらことごとく予想を外すのだから、普通に考えてみればクビになってもおかしくはない。

勝率の悪い予想屋に託そうと思う人など誰もいない。

それなのに相変わらず表舞台に立ち続けて、堂々とコメントしたりしている。

普通なら恥ずかしいと思うけれど、そういった感覚はないようである。

逆神の正しい使い方について

逆神は言ったことをすべて外すので、その逆を読めばすべて正しいことになる。

自分の頭でしっかりと考えて、この人は逆神だと思ったら、その逆のことをやっていけばいい。

逆神の逆は正解なのだから、1つの指針としてとても参考になる。

選択に迷ったとき、逆神を頼りにするのは1つの手である。

逆神もたまには当たるからややこしい

ところが困ったことに、逆神もときどき当たったりする。

逆神として信用しているのに、当たってしまうと非常に困る。

せっかく逆神に任命したのに、きちんと仕事をしてくれないと逆神の意味がない。

当たったり外したりすれば、ただの予想屋と変わらないのだ。

 

逆神ワザと外している説・・・は違うという意見が濃厚!

逆神ワザと外している説・・・、は恐らく違うと思われる。

勝率の差はあれど、みんな正しかったり間違ったり、いろいろである。

すべてにおいて正しい人なんて存在しない。

このことから分かるのは、神は恐らく存在しない。

神も逆神も、人が作り出したものである。

大切なのは各々がしっかりと考えて、この人が言っていることは信頼できる、

この人は逆神だということを、自身で決めることなのだ。

頼るものが無いときは逆神に頼るべき!

何が正しくて何が間違っているのか分からなくなったときは、逆神に頼って逆のことをすればいい。

表立って口に出すとギスギスするので、心の中で逆神に託してみればいい。

疑うというのも、人が成長していくための訓練の1つである。

逆神にだまされないように、しっかりと疑って話を聞く。

たまに良いことを言ったりもするので、そこには耳を傾ける。

これこそが、逆神の人たちをうまく使う1つの方法だと思うのだ。

 

誰しもが心の逆神を1人、育てておくべきなのだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です