ブログ

娯楽の多様化について ~ブログはオワコン?今後生き残れるのか?~

娯楽が多様化している。

休みの日に何をして過ごすかとなったときに、さまざまな選択肢がある。

ゲームやユーチューブ、アマゾンプライムやネットフリックスなどの

有料配信動画、ラジオ、映画、音楽、さまざまなものがある。

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSもある。

海外旅行に行ったり、国内バスツアー出かけたり、数を挙げていくとキリがない。

これだけ多くのものがあると、自分と周りの人で、

共通の趣味を共有するというのは、なかなか難しい状況である。

だからこそ、SNSを通じて共通の趣味の人たちがつながったり、

オンラインサロンによって、志を同じくする人たちが集まったり、

新たなコミュニティが次々と生まれているのだろう。

 

テクノロジーの進化と時代の移り変わりによって、

さまざまなものが変化をしていく中で、

それでも変わらず旧態依然としたままのメディアがある。

 

民法のテレビはいつまで偏向報道を繰り返すつもりなのだろうか?

誰の得にもならない内容のないバラエティ番組をいつまで放映し続けるのか?

新聞はいつまで都合の悪いことを報道しない姿勢を貫き通すのか?

いまの若い人たちはそんなことはとっくに気づいている。

芸能情報とか事件や事故をむやみに騒ぎ立てるようなワイドショーに

興味を持つことなんてない。

それを見るくらいならユーチューバーの作った動画を見ていた方がよほど面白い。

若い人たちはすでにそうした選択を行っている。

 

既存のメディアの人たちは、そうした事実にきちんと向き合って、

早めに対策を打っていかないと、そのうち大変なことになると思う。

すでに淘汰は始まっていて、今後、その流れは急速に加速していくに違いない。

いまはまだ修正可能な時期だと思うけれど、

そのうち手に負えない状況へと追いやられてしまうのではないだろうか?

とは言え、テレビや新聞が完全になくなってしまうことはない。

今後、徐々に縮小していき、やがてあるべきサイズに落ち着いていくのだろう。

 

テレビが出始めたときに、ラジオなんてもういらない、

そんな議論は絶対にあったはずである。

しかし、ラジオはいまでもきちんと残っている。

ラジオはテレビに比べて自由があり、ラジオにしか出せない味がある。

わたしもラジオっ子なので、ラジオの良さはよく分かる。

尖ったものを求めているときは、テレビよりも圧倒的にラジオが良い。

面白いコンテンツを提供していれば、

きちんと生き残っていけるものなのだ。

 

1つ心配に思うのはブログである。

ブログが世に出始めてから、かれこれ10年ちょっとくらい経つだろうか?

ブログによって、個人が気軽に情報発信できるようになった。

多くの人がブログをするようになり、広告やバナーを貼り付けて、

広告収入を得るようになった。なかには何百万円単位で稼いでいる人もいる。

ブログはまたたく間に広がっていき、いろんな人がブログに参入するようになった。

しかし、ブログは今後どうなっていくかを考えてみたときに、

これからは非常に厳しくなっていくのではないだろうか?

 

ブログの世界で頂点に君臨するイケハヤさん予測によると、

ブログはもうオワコン、今後は厳しいといったことをずっと言っている。

もちろん、ブログはなくなることはないと思うけれど、

数十万単位でそれなりに稼ぐことはできても、

何百万単位で大きく稼ぐのは、非常に厳しいとのことである。

そしてこれからの時代はユーチューブだ、ということをしきりに言っている。

ブログで財を築いた人があっさりとそのポジションを捨てて、

新たなフィールドに行っているのだから、かなり信憑性があるように思う。

昨今の流れを見ていても、ヒカキンさんを頂点にして、

次々と新たなユーチューバーが誕生している。

若い人たちにとって、ユーチューブはもはや身近なメディアとなっているので、

世の中の流れは、ユーチューブへと向かっているのだろう。

おそらくイケハヤさんの嗅覚は正しいように思う。

 

娯楽が多様化している時代において、あらゆる手段がある中で、

選ばれるものにならなければならない。

ブログをやっている人の競合はブログ、ということではない。

もちろんブログを読んでもらうために、SEO対策とか、その他の

いろんなテクニックなども大事ではあるけれど、

中身がしっかりと伴ったものを作っていかなければ、

やがてそれは淘汰される運命にある。

半年や1年くらい、その世界で生きていくだけであれば、

そこまで求められることはないかもしれない。

しかし、5年10年と生きていくことを考えたときに、

本当にきちんと読んでもらえるものを作っていかなければならない。

過去の延長線上で、同じことをダラダラとやっていたら、

いつまで経っても、状況が上向いていくことはない。

競合はすべての娯楽、なのだ。

 

ブログは果たして生き残っていけるのだろうか?

数ある娯楽の中で、ブログを読むという選択肢が、

割って入っていかなければならないのだ。

これは非常に難しいことだと思う。

すべての娯楽に打ち勝つほどの、優れたコンテンツを作っていなければ、

ブログが選ばれることはない。

ブログを選んでもらうためには、もっと真剣になって書かなければならない。

生半可な気持ちで書いていれば、読者にはすぐにバレてしまう。

それでは長くは続いていかない。

非常に骨の折れる作業である。

 

しかし、ブログを書くことは非常に楽しい。

ブログは資産となっていき、のちにいろんな果実を手に入れることができる。

コツコツと積み重ねていくことにより、やがて大きく成長して、

いろんなものを引き寄せることができる。

ブログは資産、そう考えると、わたしはもっと続けていきたいと思う。

すぐにお金にはならないけれど、いまは種をまいている段階なのだ。

ブログの世界で先を走っている人たちも、最初はみんな一からのスタートだった。

種まきを怠らずに、必死になって育ててきたことで、大きく成長をしていったのだ。

半年後や1年後のことを考えてみたときに、

どれくらい大きくなっているのか楽しみである。

お金にならない辛さはあるけれど、これは先行投資と考えるべきなのかもしれない。

労働の対価でお金をもらう、ということは会社員時代にたくさんやってきた。

資産を作ることができれば、時間を切り売りする必要がなくなっていく。

いまは誰にも読まれずにとても辛いけれど、

きっとそれが実を結ぶときがやってくると信じている。

 

ブログは1年で9割が辞める世界だと言われている。

どんなに書いても手応えを感じられないまま、辞めていってしまう。

ブログを書いている身としては、その気持ちは非常によく分かる。

当ブログも始まったばかりで、全然読まれていないので、

毎日、モチベーションを維持するのに必死である。

自分は誰にも受け入れられていない、そうやって気持ちが沈んでしまうことも多い。

そんなときは、ブログを続けてきた人の記事を読んで、

なんとかモチベーション維持に努めている。

1年続けることができれば、たったその1割に残ることができる。

ブログは参入障壁が低い分、いろんな人が入ってきて、

一見競争が激しいように思うけれど、

どんどん辞めていって、結果、一部の人しか残らないのだ。

まずは1年間続けてみる、その間、良質な記事を更新し続けていく・・・。

それだけで9割の人が脱落していくのだから、そう考えるとぜんぜん難しくはない。

 

ただ冒頭にも言ったように、広い目で見たときに、

競合はブログではなく、ほかのすべての娯楽である。

1年続けて生き残ったとしても、そこはまだスタート地点だと思うのだ。

本当の戦いはそこからなのだと思う。

わたしにはまだ遠い世界の話である。

焦らずに一歩ずつ進んで、これからもブログを更新していきたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です