雑記

GAFAのこと

ある仕事で、GAFAについての記事を書いている。

 

いまの世の中、GAFA抜きにして語ることはできない。

改めて説明するまでもないと思うけれど、GAFAとは、グーグル、アップル、

フェイスブック、アマゾンのことである。

FAANGという呼び名もあり、それはネットフリックスを含めたものである。

 

一時期は、マイクロソフトも含めたGAFMAという呼び名もあったようだ。

マイクロソフトは、90年台にウィンドウズによって一斉を風靡したが、

近年はかつての勢いは鳴りを潜めている。

 

携帯分野においても、アンドロイドとiOSで、シェア90%以上を占めており、

ウィンドウズはわずか数%しかない。

 

ひと昔前は、世界の富豪として真っ先に思い浮かぶのはビル・ゲイツだったけど、

最近は、誰になるのだろう?ウォーレン・バフェットだろうか?

 

それぞれの企業のことをわざわざ説明するまでもないと思うけど、

念のため以下のとおりである。

 

検索といえばグーグル、携帯やパソコンなどアップル、

SNSの巨人フェイスブック、地球規模の品揃えのアマゾン。

いずれも我々の生活に深く密着している。ネット検索でグーグルに

関わっていない人はほぼいないし(ヤフーはグーグルの検索エンジンを使っている)、

日本人のアップル好きはよく知られている。フェイスブックやインスタグラム

(インスタグラムはフェイスブックの子会社である)によって、SNSは

大きな割合を占めている。アマゾンで買い物をしたことがない人は、

ほとんどいないと思われる。

 

わたしたちに便利さをもたらしてくれている反面、

わたしはどこかで恐怖にも似た怖さを感じたりする。

 

例えば、グーグルが提供するさまざまなサービスは、ものすごく便利である。

グーグルドキュメント、グーグルドライブ、グーグルカレンダー、

頭のいい人たちが本気で考えたサービスは、文句の付けどころがない。

ただただ、スゴいと唸ってしまうばかりである。

そうした便利さを享受する半面、どこか危うさや恐怖を感じている自分もいる。

検索によって、わたしたちの深層心理があぶり出されていると考えると、

非常に怖くなったりもする。

 

いまのネット検索において、グーグルを使っていないことはまずない。

グーグル検索への対策が、ネットに生きる人たちの至上命題となっている。

SEO対策と呼ばれる、検索上位に行くための、さまざまな対策が行われている。

 

グーグル検索に対する攻略法みたいな本が、世の中に数多く出回っているのだ。

ツイッターとかフェイスブックもそうだけど、プラットフォームを作るって

スゴいことなんだな~、と思う。一番根っこの部分を押さえていれば、

いろんなことができる。

 

例えばクレジットカードのVISAなんて、世の中のどれくらいをカバーしているのだろう?

なんか怖いけど、すごい世の中だな~、と思う。