雑記

フリーランスと健康診断

フリーランスの人は、健康のことを後回しにしがちである。

体が資本なのだから、体調管理には十分に気をつけなければならない。

 

放っておけば食生活はどんどんいい加減になっていくし、

1日中パソコンに向かってばかりで、全然体を動かさない。

目が疲れてたり肩や腰が傷んできたり、あちこちに体の変調がきたしてくる。

日々の生活の中で、少しずつ対策を取るのが一番良いと思うけど、

忙しいこともあって、なかなか取り組むことができない。

フリーランスをしている人たちにとって、大きな課題だと思う。

 

会社にいれば年に1回必ず健康診断がある。

若いときは、特に何かを感じることはなかったけれど、

歳を取るにつれて、少しずつ健康診断が恐怖としてのしかかっている。

健康はウソをつかない。リアルな数値が眼の前に出されてくる。

この日に向けて、野菜を多めに取ったり、やたら運動をしてみたりして、

せめてもの抵抗を試みたりする。

 

でも、そこから逃げていてはいけないと思うのだ。

一番の対策は、健康診断をきちんと受けて、

体に異変がないか、定期的にチェックすることだと思う。

そして、ありのままの結果を素直に受け入れることである。

健康診断はつい後回しにしがちだけど、そこから目を背けてはいけない。

 

友人にパーソナルトレーナーがいる。

体のメンテナンスについて相談に乗ってくれるので、

フリーランスにとって、こういう人が身近にいることは非常にありがたい。

フリーランスは体のことで困っている人がとても多いと思うので、

彼はフリーランス界隈の人たちを相手にするだけでも、

全然食べて行けそうな気がする。

 

健康に生きていくためにはどうすればよいだろうか?

何よりも大事なのは習慣化することだと思う。

ふと思い立って慌てて何かを始めたところで、続かなければ意味がない。

普段の生活の中で、できることを少しずつやっていけば、

特別な努力なんてしなくてもいいと思う。

習慣の中に、ストレッチや姿勢矯正などを、組み込んでしまえばいい。

しかしそれを言うのは簡単だけど、実際に行動するのはなかなか難しい。

 

いずれにせよ、今月中には健康診断に足を運ぼうと思う。

会社員時代と同じように、年に1度は検査の意味も含めて、

必ず健康診断に足を運びたい、と思っている。

仕事を詰め込みすぎずに、抑えるところはしっかりと抑えて、

余裕を持って生きていくことができれば良いと思う。

例年のごとく、野菜を食べて、運動をして、万全の状態で挑もうか、

なんて、いまから計画を立てている。