雑記

英語が嫌いだったけど・・・

英語は全然得意ではない。

学生時代の英語の成績は全然振るわなかったし、

むしろ嫌いと言っていいくらいだった。

にも関わらず、どういうわけか大学で英文学科に行った。

 

周りはみんな、学生時代に英語が得意でした、みたいな人ばかりだった。

ESSサークルに入って、ネイティブ並みにしゃべれるような猛者もいたし、

TOEIC700点後半を記録している者もいた。

 

周りがとてもできるので、ますますやる気を無くなっていた。

 

英語が話せるようになれば、世界中の色んな人と交流ができる。

それは確かに魅力的だ。

でも英語って、果たして勉強するものなのだろうか?

普段から使わないと、英会話なんて絶対に身につかないだろう。

 

英語を話せない日本人は多い。

逆に使わざるを得ない状況になったら、絶対に使うようになる。

日本にいながら英会話を学ぶというのは、

お金が無駄になってしまう気がする。

 

英語は手段であって目的ではない。

英語で何をしたいか、である。

 

外国人の彼氏や彼女を作るとか、外国に単身いきなり飛び込むとか、

そういう方が全然いいような気がする。

 

自分は中学、高校、大学と10年間英語を学んだのに、

いまだに英語を話すことはできない。

そもそも、外国に足を運んだことがない。

 

社会人になって英語からすっかり遠ざかってしまった。

たまに外国の客が来て、片言の英語を話すことはあるが、

その程度ではとても英会話とは言えない。

 

先日たまたまネットで英語の記事を見ていた。

ジャパンタイムズやジャパンニュースといった英字新聞である。

 

英字新聞を読んでいたら、分かりそうで分からない、それを解読していくのが

なかなか楽しい作業だった。テレビやネットで流れている

ニュースの内容がそのまま英語の記事になっているから、なんとなく話が分かる。

 

『万引き家族』という映画は「shoplifter」という英題である。

こういうのを知るのはとても楽しい。

『千と千尋の神隠し』は「spirited away」である。

 

学校でやった勉強はつまらなかったけど、

大人になってからの勉強はなかなか楽しい。

 

ヤフーとかグーグルでニュース記事を見るのもいいが、

たまには英字新聞を織り交ぜて、英語で情報を取るのも悪くはないと思った。

 

英語を読むことにアレルギーをなくしていけば、

きっとこれも仕事に活かせるときが来るように思う。

 

フリーランスで活動しているから、英語ができるというのは

なおさら強みになる。

 

「夢みたいなこと言ってんじゃねーよ」と誰かから突っ込まれるかもしれないが、

いつか海外出張とか行って、世界各国で活躍できたらいいな~と思う。