自己実現

【英語学習】英語が苦手だったわたしが、英語について思うこと

英語が苦手でも落ち込む必要はありません。

そもそも語学は勉強して身につけるものではありません。

必要に迫られて身につける、というのがベストなのです。

英語をすっ飛ばして、日本語でも何とかする、という意気込みが大事です。

 

英語は全員が必須ではない

周りがそれしかない環境におかれたときに、人は順応しようとします。

日本にいながら勉強ができない、と悩んでいる人は、1度、手段と目的と洗い出す必要があります。

英語ができたら格好いい、くらいに思っているのではないでしょうか?

見栄で勉強をしたところで、何1つ身につきません。

そもそも、英語は勉強するものですらない、ということを、頭に入れた方が良いと思うのです。

 

 

語学と学校の勉強を分けて考える

語学と学校の勉強は、明確に分けて考える必要があります。

机に向かって勉強するというのは、意味がないとは思いませんが、語学との相性は決して良いものではないと思うのです。

そもそも母国語を身につけたときに、わたしたちは勉強などまったくしていません。

日常的に言葉を使うことで、自然と身についたものなのです。

語学は向き不向きなどもあり、全員によって良い方法とは言い切れないこともありますが、日本語を使わない環境や、英語を使わざる得ない環境に身をおくことが、1番の効果的な方法です。

 

手段と目的と履き違えてはいけない

英語の勉強をしている人で、手段と目的がごっちゃになっている人はとても多いのです。

英語はあくまで手段であって、目的ではありません。

母国語に置き換えると、意味合いが分かると思います。

日本語を使って何を伝えるか、が大事なのに、日本語そのものばかり勉強をしても、それは単なるお勉強なのです。

実にならないお勉強は、ほとんど意味がありません。

 

 

勉強のできる人は机に向かって満足してしまう

英語学習を、机に向かって勉強することに時間を割くのは、あまり得策ではありません。

英語の勉強をしている人は、英語自体を目標にしない方が良いと思います。

TOEICの点数や英検といった資格試験も非常に大事なことですが、それがすべてではありません。

その語学力を使って何をするか、というのが重要なのです。

英語を勉強すること自体が目的となってしまったら、本末転倒である。

 

英語は実践的に学ぶのが1番良い

英語を身につける最短の方法は、英語を使わざる得ない状況に身をおくことです。

現地に身をおいて、母国語を一切禁止にしてしまう。

英語ができなくても、身振り手振りでたいていのことは何とかなります。

疑問に思ったこと、生活において不都合に感じたことは、いやが上にも勉強をして覚えようとします。

必要に迫られて学んだことは、身につくスピードが速くて忘れることもありません。

 

 

最悪、語学は何とかなる

翻訳や通訳など、細部まで英語を知り尽くす必要がある場合は、きちんと勉強をする必要があります。

ところがそうでない場合は、身振り手振りでどうにかなります。

大事なのは、相手との意思疎通を図る姿勢、伝えたいという気持ちなのです。

これは机に向かって勉強をしているだけでは、決して身につきません。

語学の勉強は、堅苦しく考えずに楽しくやれば何とかなるのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です