向き合い方

【減速と成長】ダウンシフターズという考え方について私見を述べてみる

仕事を辞める前に、いろんな人の本を読んだ。

高坂勝さんの『減速して自由に生きる』という本もその1つである。

高坂さんはもともと百貨店の社員だった。

わたしも前職は百貨店の社員なので、エピソードに親近感を持った。

仕事を辞めるときに、もっともお世話になった本の1つである。

 

高坂さんの本を気に入って2作目の本も読んだ。

『次の時代を、先に生きる』である。

この本を読んだときに、わたしは得体の知れない違和感を

持ったことを、いまでもハッキリと覚えている。

 

1作目は、主に仕事を辞めるまでの過程を綴ったものだった。

仕事がつらくて辞めたい。

でも辞めてしまったら、今後どうすればいいのか?

いろんな苦悩が綴られていて、とても参考になった。

わたしも職場で似たようなことがあったので、気持ちがよく分かった。

わたしよりも早く飛び出した人がいることを知って、

むしろ勇気をもらったとさえ言える。

その後、池袋の片隅で小さな店を持ち、自分のペースでゆったりと営業する。

そんな生活をしている人が、とてもうらやましく思ったりもした。

 

ただ2作目を読み始めて、冒頭の部分を読み始めたときに、

1作目とは違う雰囲気だということをすぐに察した。

高坂さんの考え方に接していくうちに、わたしは、

この人と完全に考え方が違う、とハッキリと悟った。

 

ダウンシフターズという考えについて、賛同する部分は多い。

ただ、それを個人の活動範囲内で実践するのか、

社会に当てはめて世の中に啓蒙していくのか、というのを

明確に分けて考える必要があると思う。

 

高坂さんは自身でしっかりと考えた上で、実践をしている。

そのことについては、大変素晴らしいことだと思う。

大手百貨店を退職し、池袋の片隅で自身の小さな店を始めて、

自分のペースでやっていく、という部分にはとても共感をした。

高坂さんの1作目の著作が良いと思ったのも、そういった部分が非常に大きい。

しかし2作目になると、その様子が一変する。

1作目はダウンシフターズの取り組みを、個人で実践した記録のような

部分が多いのに対し、2作目はその考えを踏まえて社会全体に向けているのである。

その内容にどうしても引っかかってしまうのだ。

特にわたしが看過できないのは、以下のようなことを言っていたときである。

 

経済成長なんてもう必要ない、むしろ害悪ですらある。

 

これを聞くと、わたしは努力を否定しているように思えてしまうのだ。

資本主義の世の中に生きている以上、根本原理として競争というものがある。

そこから逃れることはできないし、まして競争を否定するものではない。

資本主義そのものに疑問を投げかけている、ように映るのだ。

 

ダウンシフターズは、資本主義に対してどこかアンチの考えがあるのかもしれない。

減速して自分らしく生きるのは個人の勝手だけど、

それを社会に啓蒙していくとなると、わたしには(?)となってしまうのだ。

社会全体が一斉に減速して生きていくようになると、

これまでの豊かな生活を維持することは絶対にできない。

いろんな人の努力によって、社会生活が維持されてきたものを、

鼻から否定しているように思えてしまうのだ。

 

こうした議論をすると、「お金がすべてではない」といった主張が必ず出てくる。

ただこれに対する反論もさっきと同じで、資本主義の世の中に生きている以上、

お金が大事であることに変わりはない。

 

高坂さんは著作の中でこんなことを言っている。

「プロ野球選手が何億もの年俸を稼いでいて、人間としての価値が何倍もあるのか?」

プロ野球選手の価値を計る手段として、お金以外に何かあるだろうか?

専門家の視点からすれば、いろいろと説明することはできると思う。

カーブのキレがすごいとか、豪速球が投げられるとか、

いろいろと解説をすることができる。

ただ、誰もが明確に分かる価値の尺度は何かと考えたときに、

結局はお金でしか計ることはできないのではないか?

国によっては、馬6頭とか羊が8頭といった価値の測り方もある。

でも、決してメジャーとは言えない。

あらゆることに言えることだが、価値を計るときに、

お金以上に便利な尺度はほかにないと思う。

 

「お金がすべてではない」といった主張に対して思うのは、

お金の力を軽視しすぎだということである。

お金が無くても豊かに暮らしていける、というのは、

個人には当てはまることかもしれない。

ただ社会全体に当てはめていくと、その主張はきれい事に過ぎない。

お金があれば、多くの力を手にすることができる。

お金によって解決できることはたくさんある。

 

お金がモノを言うなんていうのは、国際情勢を例に取っても明らかである。

10~20年前は、中国がニュースになることはなかった。

中国がこれほどまでにニュースとして取り上げられるようになったのは、

急激に経済成長を果たし、お金でモノをいわせるようになったからである。

その中国にどうやって対抗していくのか?

日本は隣国に巨大な独裁国家があるという危機感を、

持っていなければならないと思う。

 

スローライフやダウンシフターズという考え方は、

ある面でとても賛同するところが多い。

ただ厳しい見方をすれば、ダウンシフターズはいろいろと理屈をこねて、

ただ逃げているだけのようにも見える。

もちろん世の中がつらいのであれば、逃げるという選択肢があってもいい。

人里離れた田舎に引きこもり、お金に頼らずに自給自足の生活を送るというのは、

決して否定するものではない。

ただ忘れてはいけないのは、わたしたちは資本主義の世界に生きている。

資本主義の世界で生きている以上は、競争が根本原理なのだ。

 

ダウンシフターズという生き方は、いろいろと考えるきっかけを与えてくれる。

わたし自身は賛同しないけど、考え方の1つとしてあっても良いと思う。

ダウンシフターズという考え方を突き詰めていくと、

結局は資本市議との対立にぶち当たるような気がしている。

個人の主義や信条はそれぞれなので、決して糾弾するものではない。

ただその考え方を国や社会に当てはめて、生き方をなぞらえるのは、

わたしはどうも違うような気がして仕方がないのだ。

減速することも大事だけど、わたしはもっと成長がしたい。

ダウンシフターズよりも、ジェットエンジンを積んで

どんどん加速していきたいと思うのだ。

個人としても国としても、そんな姿勢でありたいと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です