フリーランス

フリーランスの生き方について ~クラウドソーシングのデータから考えてみる~

あるネット記事を見つけた。

クラウドワークスで「月収20万円以上」を稼ぐ人は、

わずか111人ということである。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

キャリコネニュースはこちら

 

フリーランスというのは、稼ぐためにいろんな窓口を設けているはずなので、

クラウドワークス1本ということは、あまりない。

それでも、このデータは非常に厳しい実態を表しているように思う。

 

クラウドワークスのユーザー数は、2015年12月末の時点で79.5万人いる。

その中で、2015年の10月~12月末までの期間で、

平均月収20万円以上を達成したユーザーは111人なのだ。

割合でいうと、全ユーザーの約0.014%である。

月収20万オーバーのユーザー職種は、「ITエンジニア」が38.3%、

「web制作」が27.7%、「デザイナー」が23.7%

「ライター」が3.6%とのことである。

わたしもライティングをやっているけれど、

やってみて感じたのは、とても厳しい道だということである。

その気になれば誰でも20万円くらいは稼げる、なんて言う人もいるけれど、

わたしはそんなことないと思う。

文章を書くのが得意な人、不得意な人、いろいろとあって、

ある程度まで稼げるようになるというのは、けっこう厳しい道だと思う。

わたしは文章を書くこと自体は好きだけど、

ライティングの案件をこなすことは、あまり好きではない。

今後、自分がどんな風にやっていけばいいのか、

必死に模索しているところである。

 

フリーランスの界隈にいると、月収30万円突破したとか、

ブログで月々7ケタ稼いでいるとか聞くけれど、それを真に受けて、

自分もやってみたいと思うのは、けっこういばらの道だと思う。

挑戦することを止めはしないけど、覚悟はしておいた方がいい。

たくさん稼げるという理由だけで、安易に選んでいるのであれば、

辞めておいたほうがいいと思う。会社にしがみついている方が、

まだラクなような気がする。

 

でもフリーランスでやっていくというのは、挑戦しがいがある。

サラリーマンは、どんなに頑張っても給料は一定だけど、

フリーランスは収入の上限が青天井になり、頑張れば頑張るほど、

稼ぎが増えていくようになる。

 

ただ何度も言うように、決してラクではない。

独立してすぐに稼げるようになることは、ほとんどない。

独立してしばらくは、とにかく修行の連続である。

どれくらいのスピードで収益化を目指すのか、というのは、

戦略の1つとして、非常に重要なことだと思う。

ときどき、フリーランス3ヶ月で月収20万円に到達した、みたいに言う人がいる。

収益化を最大限に上げれば、それも不可能ではないと思う。

でも、もっと遠くに行きたいのであれば、価値の創造に注力するべきだと思う。

 

価値を創造するのは、とにかく時間がかかる。

そして価値の創造は、得てしてお金にならない。

収益化する術を学んでおくのは、すごく大事なことだけど、

すぐにお金はならないけれど、すごく価値のあるものを生み出すことも、

とても大事なことだと思うのだ。

 

事業というのは得てしてそういうものだと思う。

最初はずっと収入ゼロである。

サラリーマンのように、労働の対価として報酬を得ることが

染みついてしまっている人には、なかなか理解されないことである。

お金にならないことを、半年くらいずっと続けていく。

そのあいだずっと種まきをして、やがて果実が実るのをじっと待つ。

来る日も来る日も、収入はずっとゼロ。

苦しんで必死にもがいて、それでも成果は得られなくて、

ときおり落ち込む。それでも辞められなくて、勇気を出して

また一歩ずつ歩みを進めていく。

そういった地道なことを繰り返していくうちに、徐々に軌道に乗っていき

回り始めるようになる。

わたしはまだ、とてもそんな段階に達していないけれど、

早くそうなれるように、全力でコミットしているところである。

 

すぐに収入が必要であれば、労働をしたほうが良い。

でもお金にある程度余裕があって、人がやっていないことに

チャレンジしてみたいという場合には、フリーランスのような立場になって、

事業を起こし、フルコミットしてみた方がいい。

最初は収入ゼロだけど、やがて種を撒いていたものが花開いていき、

その流れが加速していくと、やがて労働をしていたときの収入を追い抜いて、

天井知らずに上がっていくことになる。

こういったところが、フリーランスという働き方の醍醐味なのだと思う。

 

ただこれを達成するのは非常に難しい。

多くの人が道半ばに挫折して、去っていくことになる。

フリーランスをやっていると、いろんな人の情報が入ってきて、

すごい案件を受注したとか、たくさん稼いだ、なんてことを耳にする度に、

自分は本当にこれでいいのか、遅れているのではないか、なんて考えたりもする。

でも人と比べても仕方がないし、わたしにはわたしの強みがきっとあるはず、

そうやって自分に言い聞かせることで、なんとか保っている。

このブログは始めて間もないので、なかなか思ったとおりにはいかないけれど、

休まずに継続していくことで、大きく育っていくことを願っている。

 

クラウドソーシングのデータは、厳しい実態を映し出しているけれど、

挑戦してみる価値はあると思う。会社にいても非常に厳しいのは目に見えているので、

だったらフリーランスでやっていった方がいい、そんな流れができればいいと思う。

わたしはまだ、そんなレベルに達していないけれど、

いつかは臨界点を突破して、1人で歩んでいけるようになっていきたいと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です