クラシック

クラシック音楽の聴き比べについて ~メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲など~

クラシック音楽が好きである。

クラシック音楽は高校生くらいのときからずっと聴いている。

フルトヴェングラーとかブルーノ・ワルター、

カルロス・クライバーやムラヴィンスキーといった、

有名指揮者の演奏はひと通り網羅している。

ただ、それほど深い知識があるわけではなくて、

好きな曲がいくつかある、くらいのものである。

 

大学時代のほんの少しのあいだ、交響楽団の部活に入っていた。

わたしはそこでチェロを弾いていた。

そこでさまざまなことを学んだ。楽器のことや、音符の読み方、

専門用語などある程度は分かる。

 

クラシック音楽の醍醐味は、いろんな演奏の聴き比べにあると思う。

同じ曲でも、演奏者によって随分と印象が変わってくる。

 

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は

クラシック音楽の中でも屈指の名曲である。

かの有名な、冒頭の入りのシーン。とても美しい旋律なので、

あらゆる演奏者は、目一杯謳わせるのに注力する。

 

しかし、ヤッシャ・ハイフェッツは違う。

まるで素通りするかのように、淡々と弾いてしまう。

その素っ気なさに最初はとても違和感を覚える。

 

しかし、ハイフェッツは恐ろしく技術が高いので、

聴き進んでいくうちに、たちまち魅了されてしまう。

 

あらゆるヴァイオリニストが、謳わせることに必死なあまり、

非常に重い印象を抱かせてしまうことが多い。

しかしハイフェッツは、それを逆手に取って(?)あっさりと弾いてしまう。

(多分、そういう風にしか弾けないような気もする)

 

ヴァイオリオン協奏曲は「情」が非常に激しい曲だと思う。

しかしハイフェッツは、精密機械のごとく正確な「技術」と、

説得力のある「論理」で弾いてしまう。

それが不思議と聴きやすかったりするのだ。

 

バッハの無伴奏チェロ組曲も、あらゆる演奏を聴いた。

わたしはさまざまな演奏家のものを、

かれこれ10枚近くCDで持っている。

 

パブロ・カザルスは、録音が古いという欠点はあるものの、

あまりある熱量を注ぎ込んでいて、気迫のこもった素晴らしい演奏である。

 

ヨーヨー・マの演奏は、とにかく優しさを感じる。

ピエール・フルニエの演奏は、貴族が弾く高貴なイメージを感じさせる。

ミッシャ・マイスキーは、ものすごくクセがあるけど、

いったんそれにハマると、なかなか抜けられない。個性派チェリストだと思う。

ロストロヴォーヴィッチは、個人的にはあまり好みではない。

クラシック音楽の聴き比べは、非常に楽しくて奥が深い。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です