奥多摩

CIAOちゅーると丹波山にある山の休憩所「かゑる」店主のこと

フリーランス仲間であり、奥多摩の地域おこし協力隊でもある

塾長というあだ名の人に連れられて

連日、奥多摩のさまざまな場所を案内してもらっている。

 

先日、奥多摩の隣にある、丹波山の「かゑる」という店に行ってきた。

山の休憩所かゑる はこちら

周りはほとんどなにもなく「かゑる」さんのみである。

山登りをする人たちにとって「かゑる」さんが拠点の場所となっていて、

多くの人が集まる憩いの場となっている。

居合わせた常連さんに話を聞くと、川越から来ているとのことで、

いろいろと楽しい話を聞かせてもらった。

 

「かゑる」さんには、非常にかわいらしい、大きな猫が3匹いる。

人を怖がる様子もなく、ものすごくリラックスして居座っている。

店主がCIAOちゅーるを渡してくれて、猫にあげるエサとして配ってくれた。

 

わたしと仲間で、CIAOちゅーるを指ですくって、

猫の口元に持っていくと、指をペロペロと舐めてくる。

CIAOちゅーるをもらえると知るやいなや、

ずっとこちらの方を見ている。

早く欲しいと言わんばかり、じっとこちらの方を見ている。

その愛らしい表情が何ともたまらない。

ものすごく大きな猫だけど、かわいい顔をしている。

 

店主のおじさんが非常に面白い人で、仮面ライダーの話で盛り上がった。

1巻からずっと見ているとのことで、何とかシリーズの

あれは面白い、といった内容のことをずっと話をしていた。

突然お邪魔したにも関わらず、親身になって話しをしてくれた。

 

「かゑる」という名前の由来は、山から無事に帰る、

という意味合いで付けられている、とのことだった。

レモンサワーをご馳走してもらったけど、非常に美味しく飲ませてもらった。

 

「かゑる」さんは、アットホームな雰囲気で、すべての人を暖かく

もてなしてくれる。

商売っ気をまるで感じられず、果たしてやっていけているのか、

という疑問はあったけれど、明るく楽しそうに経営されていたので、

これでいいのだ、と思ったりもする。

 

丹波山(たばやま)の「かゑる」さんの近くを通りがかったときは、

是非とも立ち寄って下さい。

アットホームで、いるだけで落ち着く非常に良いところです。

また機会があれば、違う季節のときに訪れてみたいと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です