本・雑誌

【おすすめ本】百貨店社員が進物知識を学ぶには「儀式110番」一択!

百貨店に勤める社員が進物知識について学ぶときに、

もっともおすすめの本は『三越伊勢丹の最新 儀式110番』である。

 

百貨店で働いていると、進物のことで客からいろいろと

相談を受けることがある。相談の内容は多岐に及び、

ある程度の知識がなければ、その場でアタフタすることになる。

本を調べたり、内線電話で詳しい人に聞いたり、

あらゆる手を使って、なんとか客の要望に答えたりする。

 

百貨店で働いていると、研修で進物知識を勉強する機会がある。

新入社員で入社すれば、どこかのタイミングで必ず研修を受けることになる。

これはおそらくどこの百貨店でも同じだと思う。

また日本百貨店協会が主催している、ギフトアドバイザーという試験があり、

新人は全員必須で受ける、といったこともある。

百貨店の販売員をする上において、進物知識の取得は避けて通れない。

しかし、社内の研修では触りの部分しかやらないことが多い。

現場で求められるのは、もっと細かい突っ込んだものであるため、

そこから先は、自分で勉強をしなければならない。

ただ日々の業務の忙しさで、なかなか勉強に割く時間がない。

きちんとした知識を身につけることがないまま、

時間が経ってしまうことがよくある。

 

現場で接客に立っても、客からの質問にビクビクしてしまって、

接客にうまく集中することができない、といった経験が

一度や二度はあるように思う。

どんなことを聞かれても落ち着いて対処できるように、

進物知識の取得は必須である。

 

進物の知識については、さまざまなテキストがある。

百貨店に勤めている人であれば、社内で使っている参考本があると思う。

しかし、必ずしも隅々まで網羅しているわけではない。

あやふやな知識をきちんと強化したい、もっと細かい要望に

答えられるようになりたい、そんな人におすすめの1冊が、

『三越伊勢丹の最新 儀式110番』である。

 

本書は三越伊勢丹で実際に寄せられた事例を、1冊にまとめたものである。

現場に寄せられたさまざまな事例を取り上げていて、

数々の疑問に対してQ&A方式で書かれている。

冠婚葬祭に関する、幅広い知識が1冊にまとまっていて、

この本を読み込めば、進物の知識が理解できるようになっている。

 

質問内容を目次から調べることができるので、

客からの問い合わせに、ピンポイントに対応しているものもある。

わたしが前職で百貨店の現場で仕事をしていたときに、

突っ込んだ質問を受けたときは、本書を調べることがあった。

ギフトサロンの売場に置いてあって、大変重宝した。

さまざまなことが想定して書かれていて、

スキマ時間に読むだけでも、十分に身になる。

 

進物知識は、この本に載っていることがすべてではない。

冠婚葬祭については、地域やしきたりによってさまざまなルールがあり、

どれが正解といった、決まりきった答えはない。

その場に合わせて、その都度対応が必要になる。

しかし大枠を学ぶ意味においては、うまくまとめられていて、

非常に便利な一冊である。

 

進物知識に不安を持っている人は、この本を読み込めば、

大部分を解消することができる。

百貨店で働く人は、1冊持っておくと非常に便利である。

また百貨店では働く人以外でも、冠婚葬祭について分かりやすく書かれていて、

何かあったときの調べ物として役に立つ。

1家に1冊、持っていれば非常に安心である。

 

『三越伊勢丹の最新 儀式110番』は、百貨店に務める人が、

進物知識について改めて勉強したいときに、もっともおすすめの1冊である。

さまざまな事例を網羅していて、この1冊を完璧に読みこなせば、

進物についてあらゆる疑問に答えられるようになる。

また、ギフトアドバイザーの試験対策などにも効果的なので、

気になる人は、是非一度手に取ってほしいと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です