ブログ

【悲報】ブログは年功序列に思えてきた件 ~継続の先にあるものは?~

誰にも読まれないブログを更新し続けることほど、苦痛を覚えるものはない。

アクセスの集まらないブログは、死んでいるも同然である。

どんなに頑張って書いてみても、一向に進んだ気がしない。

手応えを得られないまま、辞めていってしまう・・・。

ブログは、1年で9割の人が辞めると言われている世界なので、

壁にぶつかるというのは、ある種、当たり前のことかもしれない。

 

そんなときは、同じように走っている人を見て、気分を和らげたりする。

イケハヤさんは、ユーチューブを毎日更新していて、

チャンネル登録数を頑張って増やそうとしている。

ブログの世界ではもはや神様のような人だが、

「ブログはオワコン」と言い放ち、いまは動画製作の方にシフトをしている。

 

長年ブログで生計を立てていた人が、いとも簡単にブログを手放し、

次のフィールドで取り組んでいるというのは、すごい。

普通であれば、ブログで成功体験を得ているのだから、

固執してしまいそうなものである。

 

イケハヤさんは、ユーチューブという新たなフィールドで、

必死にもがいている。毎日アップしている様子を見て、

神レベルの人たちでさえも、こんなに更新しているのかと気付かされる。

ユーチューブはものすごく難しい分野だと言う。

イケハヤさんによると、ブログやSNSよりも攻略が難しいそうだ。

ブログで一度極めた人が、新たなフィールドで、

すべてのリソースをつぎ込んで、全力で闘っているのである。

そうしたものを目の当たりにすると、自分はまだ修行が足りないと思う。

せいぜい数ヶ月運用したくらいなので、いろいろと言える立場ではない。

 

どんな道も簡単なものなんて1つもない。

やっていくうちに、徐々に道は開けて行くものだと思う。

 

ただ、一方でこんな風にも思う。

ブログはある意味で、ものすごく年功序列なのではないか?

新規でドメインを習得しても、すぐに検索で表示されることはない。

できたてのひよっこのようなサイトに対し、グーグルはとことん厳しい。

質の良いものを書いたとしても、長年運用している信頼している

サイトの方が良い、そう判断しているように思えてくる。

 

そういったときに懸念を抱くことは、

先行者が多くのフィールドで果実を独占してしまい、

後から追うものはどんなに頑張っても、そこに割って入ることが

できないのではないか?という疑念である。

先行者優位が働いて、多くのものを食い尽くしてしまう。

あとからやって来たものは、そこに何もない。

 

ただ、ネット広告の市場規模は今後も伸びていくと予想されている。

正直、何が正解なのかはまったく分からない。

ネットの世界は移り変わりが激しく、今後どうなっていくのか分からない。

 

イケハヤさんの、ブログはオワコン、という発言の真意は分からない。

ただずっとユーチューブを見ていると、厳しい言葉で煽るというのが

彼のやり方なので、言葉は強いけれど、それを聞いて

真に受けることはないと思う。言っていることは有益な情報も多いので、

どれが良くてどれが間違っているか、自身で取捨選択をしていく。

リテラシーを磨くことが大事なのではないだろうか?

 

疑ってばかりいても始まらないので、とりあえずブログを書いていこうと思う。

先行者優位の世界であれば、いまから先行者に入り込みたい。

継続の先にしか、その答えはないと思うのだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です