ブログ

【実感】ブログを書いていると圧倒的絶望に襲われる件

ブログを書いていると、いつまでも手応えを感じられないまま、

絶望の縁に立たされることがある。

 

多くの人がブログの運営報告をしていて、

PV数や集客などが公表されている。

成績の悪い人はわざわざ公表しないと思うので、

公表している人たちはみんな、ブログ界のエリートや成功者だと思っている。

普通であればそんな好成績は出ないだろう、と思うようなものが

たくさん記されている。本当はもっと成績の悪い人がたくさんいるはずである。

公表されている数字にとらわれずに、自分のペースでやっていこうと

常に自分に言い聞かせながらやっている。

 

それでも毎日更新し続けるのは、非常につらいものがある。

あるときふと思い立ち【ブログ 絶望】で検索してみたことがある。

いくつか記事が出てくるけれど、1番上にあったのが、まなぶさんの記事である。

まなぶさんの記事の題名は以下のとおりである。

 

ブログで稼ぐことは想像以上に大変です【3,000回くらい絶望します】

 

まなぶさんのような先駆者でも、3000回も絶望している。

ブログの世界は、相当厳しいみたいである。

この記事は反響があって、いろんな人が反応を示していた。

ブログ界のレジェンドである、イケハヤさんも同意していた。

 

レジェンド級の人たちですらも、この状況である。

残念ながら、わたしは3,000回も絶望していない。

せいぜい100回いくか行かないか、くらいなので、

まだ修行が足りないのだと思う。

 

いつまでも読まれることのない記事を書き続けるのは、

想像以上に大変なことである。

ただ記事をあげなければ、土俵に立つことさえもできないので、

取りあえず量産して、記事を上げることに注力している。

時折ボリュームを増やしてみたり、自分が書かない分野のものを書くなど、

いろいろと工夫をしてみたりする。

そうした中で、けっこう読まれる記事が出てきたりする。

どんな分野のものが読まれるのか、数を打たなければ分からない。

実際、なぜこの記事が読まれるのか、といった記事もいくつかあった。

ネットの世界は、情報の海であふれている。

その中で自身のサイトに人を集めるためには、良い情報を発信し続けて、

グーグルに拾ってもらわなければならない。

 

ブログは半年で半分、1年で9割が辞めると言われるけれど、

その理由はこの厳しさにあるのだと思う。

それに対して何が最善の策なのか?

多くの人が言っていることは「継続」である。

ずっと鉄棒にぶら下がっていれば、勝手にみんな脱落していく、

と言っている人もいた。

 

わたしは技もテクニックも持ち合わせていないけれど、

「継続が大事」という言葉を信じてブログを書いている。

取りあえずは3000回絶望するまで取り組んでみようと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です