社会問題

【8050問題】中高年の引きこもりについて

ここ最近立て続けにニュースになっている、8050問題。ニュースが明るみに出ることにより、わたしたちの知らない社会問題はたくさんあるものだと気付かされる。8050問題とは、80代の親と50代の子の親子問題のことである。若者の引きこもりはよく取り沙汰されていたが、これが長期化すると親が高齢となり、収入や介護などの問題が発生するようになる。父親が子どもを刺し殺すなどの事件が起きたことにより、取り沙汰されるようになった。

18年に内閣府は初めて、中高年の引きこもりに関する実態調査を行った。全国で約60万人、中高年の引きこもりがいることが明らかになった。驚愕の実態である。引き込もりは若者のものだと思われていたが、大人になっても、それがずっと続いているのだ。

一度引きこもりになってしまったものが、何らかの支援やサポートがないまま、そのままズルズルと長引いているのではないだろうか?日本はこんなにも生きにくい世の中なのか、と気付かされる。

中高年の引きこもりを、どう改善すればいいのか?ある程度プライドがあり、自分の生き方のようなものが確立している。若者と同じように扱うのは、少し違う。そんな人をどうやって更生すればいいのだろうか?これは非常に難しい問題である。

40代や50代と言えば、仕事もひと通り覚えて、自信を持って取り組むことができる時期だと思う。社会の最前線で活躍している人がたくさんいるのだ。一方で社会から孤立して、ずっと引き込もり状態が続いていく。大人になってからの格差というのは、かくも冷酷に突きつけられてしまう。これはものすごく恐ろしいことのように思う。

これは社会問題なのか、それとも個人の努力不足なのか?どちらの要素もあって、その線引は非常に難しいように思う。本来ならば社会の活力なるはずの人が、その力が活かされることなく、ずっと社会の隅に追いやられている。若者であれば、きつく叱りつけることもできるだろう。だが相手は、40代や50代の中高年である。下手に刺激すれば、たちまち逆効果になってしまうから、対処がとても難しい。

今回事件などによって8050問題が明るみになった。調査は一部の実態を反映しているだけで、本当はもっと根深いように思う。社会はどう迎えいればいいのだろうか?多分、会社などに入ったとしても、扱いの難しいおじさんとして、見てしまうのではないだろうか?

非常に難しい問題だと思う。引きこもりにどうやって対処すればいいのだろうか?わたしは会社で気難しいおじさんと接してきたけれど、さらにややこしい人を迎え入れるとなると、自分がきちんとした振る舞いをできるか自信がない。身近にいたら、どう接してよいか分からないと思う。社会全体で受け入れる覚悟が必要なのかもしれない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です