雑記

スマホを買い替えた件

携帯電話を買いに行った。

前に買った携帯は約5年前、各社まだそれほどスマホが充実しておらず、

アイフォンはもちろんあったけど、ドコモではまだ扱っていなかった。

当時、ドコモはツートップ戦略として、ソニーのエクスペリアとサムスンのギャラクシーの

2つを大きく値引きして優遇するというキャンペーンをやっていた。

ちょうど折りたたみ携帯が壊れたということもあり、また、安く買えるということで、

初スマホを買いに池袋のドコモショップに向かった。

 

選択にはほとんど困らなかった。

迷うことなくソニーを選んだことを覚えている。

値段はたしか5000円くらいだっただろうか。

 

あれから5年半が経つが、古いスマホでも普通に使う分に関してなんら問題はない。

電話はできるし、ラインもできる。ネットで調べ物もできるし、

全然困っていない。しかし、1つ懸念事項があった。

 

アプリを取ろうとしても、端末が古すぎて対応していない、

という事態に見舞われることが増えた。

田舎フリーランスを受講していても、講義に必要なアプリが取れなかったり、

周りの手を煩わせたりして、いろいろと支障が生じていた。

それならばいっそのこと買い替えた方がいいのではないか?

いまなら周りに詳しい人がたくさんいるし、お願いすればネット環境を

整備してもらえるに違いない。

 

自分は、壊れてからでなければ買い替えることはないので、

まさか都留に来て携帯を買うとは思ってもみなかった。

 

それにしても、最近のスマホはデカすぎる。

画面サイズが6インチなんてものばかり並んでいる。

 

自分は画面の大きさや見やすさよりも、持ち運びのしやすさの方が重要である。

コンパクトサイズを出しているのは、ソニーしかなかったので、

ここでも選択に困らなかった。

 

もっと手軽に持てるものはないのだろうか?

スマホってデカい方がいいのだろうか?

 

画面のキレイさや操作のしやすさは、さすがに良くなっている。

5年半という歳月で、携帯電話は驚きの進化を遂げている。

 

携帯を買ったことで、少しだけ周りに近づけたような気がする。

これを機に、ツイッターとかフェイスブックとかいろいろ挑戦してみようか、

そんなことを考えている。