カルチャー

サルサを習いました

まさか都留に来てサルサを踊ることになるとは思いもしなかった。
でも、結果的に言えばとても楽しい時間を過ごしました。

サルサとか何か?どこの国の踊りなのか?ウィキペディア情報によると、
以下の通りです。

サルサ (Salsa) は1960年代後半にニューヨークのプエルトリコ移民が中心になり作られた比較的新しいペアダンス。サルサ音楽に合わせ、通常二人で踊る。
サルサは男性が全ての動きを決める腰を使ったラテンダンスで、男女がペアで踊るダンスの中ではスピードも速いのが特徴である

聞いた話では、講師をされていたご夫婦は、サルサをきっかけに出会って結婚し、
本場のキューバまで踊りに行くこともある、といった強者である。

飛び入りで参加したにも関わらず、皆さんとても親切で丁寧に教えてくれました。
都留に来てずっと座りっぱなしだったので、いい気分転換になりました。
皆さん本当にありがとうございました。